はじめてのFX取引 外国為替 FX取引をはじめる前の雑学にどうぞ!
初心者でもわかるFX取引
円高・円安ってなに?
 ニュースなどで円高、円安という言葉をよく聞きますが、どのような意味か知っていますか?
 海外の通貨、アメリカドル(米ドル)だったり、ユーロ(欧州連合の通貨)などに比べて、日本円の価値が安いのか高いのか比べているのです。
 ちなみに、ニュースで円高、円安で紹介されるのは、大体が米ドル(これからドルと表記)に対してです。それは、ドルが機軸通貨になっているので、ドル(これからドルと表記)に対して日本円が円高に振れれば、その他の通貨に対しても円高に動く傾向が強いからです。

 ということでドルに対して、日本円がどういう状態に時に円高、円安と言われるのでしょう。 
  1. 1ドル=100円だったのが1ドル=80円になりました。
  2. 1ドル=100円だったのが1ドル=120円になりました。
 上の1と2、金額だけ見ると120円が円高で、80円が円安に思えるかもしれませんが、実際は逆で、80円が円高で、120円が円安になります。円高、円安は、金額の大きさではなくて、あくまでも比べる通貨に対し、価値で比べるからです。

 どういうことかというと、1ドル=100円の時にアメリカに旅行して、5万ドルのブランドバッグ買いました。
 1ドル=100円の時の買い物なので、日本円で50万円(5万ドル×100円)で買ったことになります。
 それが1ドル=80円の時に旅行に行っていたら、バッグの値段は日本円で40万円(5万ドル×80円)になります。
 じゃあ1ドル=120円時だったらバッグの値段はいくらになるかと言うと、60万円(5万ドル×120円)になります。

 どの時に旅行に行くのがお得でしょう。簡単するぎる質問ですが、1ドル=80円の時が一番お得です。
 物が安く買えるということは、それだけ日本円の価値が高いということになります。
 同じ5万ドルのバッグを買うのに10万円得するということは、それだけドルに対して円の価値が高いということになるので円高と呼び、10万円余分に払わないといけい状態ということは、それだけ円の価値が低いことになるので円安と呼びます。
 対ドルに対して「円高=ドル安」、「円安=ドル高」ともいえます。
 対ユーロなら、「円高=ユーロ安」、「円安=ユーロ高」とも言えるのでこれらも覚えておきましょう。
 
 じゃあ、いくらが円高で円安というのか。これが難しい。何時に対してという時間軸がないと表現が難しいのです。
 2007年、140円の価格をつけているので、2007年に比べれば2010年7月26日のドル/円の為替レートは、87円15銭なので円高になります。ですけど、2009年11月の後半に85まで円高が進んでいるので、その時に比べれば円安と呼べます。
 他にも東京証券取引所(東証)に上場している企業が出している会社の予想利益を計算するのに使う、想定為替レート(独自に予想した為替レート)が90円なら、85円の時は円高と呼べますし、95円なら円安と呼べます。
 この間(2010年の初頭くらい)、某政治家の方が95円が適切な水準とコメントもありましたし、実際いくらが円の適切な水準なのかはわかりにくいので、何に対して円高なのか、円安なのかをはっきりしないといけないのではないかと思っています。

 円高、円安になる要因を考えていきましょう。その要因の1つに、日本経済にあります。経済が好調に推移すると、円の価値が高くなるのを見込んで、海外の通過から円に交換しますし、そして経済が好調になると、日本の場合輸出企業が多いので海外で売り上げた海外通貨を円に交換するという動きも増えます。そして、景気が良くなってくると銀行の金利も上がるので、海外の金利の低い銀行から日本の銀行に預けようという動きもでてきます。これらは、すべて円高に繋がります。
 逆に経済が悪くなれば、経済の好調な国の通貨に円を交換しようとなりますし、輸出企業も海外での利益が減れば換金も減りますし、銀行の金利が下がれば、やはり、金利の高くなった海外の銀行にお金預ける動きがでてくるはずです。これらは、円から海外の通貨に交換するわけですから、すべて円の価値が下がる行為なわけですから、円安になります。

 最後に日本にとって、円高が良いのかそれとも円安が良いのか。
 消費者にとっては、円高が嬉しいです。よくスーパーとかが「円高還元セール」と銘うって安売り、海外製品はすべて値下がりしますから、お財布にはやさしくなります。海外から製品を購入して売る輸入業者も仕入れが安くすむので、円高歓迎です。
 逆に輸出業者は円高では苦しい状況になります。日本で製造した物を海外で売るので、円高だと海外の通貨から円に交換できる金額が少なくなってしまうからです。
 
 どういうことかと言うと、アメリカで1ドルの商品が売れたとします。1ドル=80円なら、80円のお金が入ってきます。そして、1ドル=120円なら120円のお金が入ってきます。どっちがお得かは考えるまでもないですよね。
 輸出業者にとっては、円の価値が低い円安になればなるほど利益があがるのです。某自動車会社などは、想定為替レートが1円変わると損益が400億円も変ってしまうのは、驚きです。
 日本経済にとっては、輸出業者が多いので円安に動いてくれたほうが良いです。東京証券取引所に上場している企業も当然、輸出業者が多いですから、日経平均株価もあがります。
 しかし、消費者にとっては円安は、輸入製品が高くなるからよくないんじゃないの?と思うかもしれません。でもそんなことはありません。説明した通り日本の企業は輸出業者が多いですから、円安になって企業の業績が良くなれば、そこで働く人達の給与が上がるわけです。行き過ぎた円安でないかぎり輸入製品が売れなくなるわけではありませんし、日本にとっては円安に動いてくれたようが、良いといえるのではないでしょうか。
 為替と株価の関係は、ノミでもわかる株入門のこちらに詳しく書いてあるのでみてください。

 そしてもう1つ、円高になる要因として、世界各国の経済状態にあります。2008年にあったリーマンショック、2009年にあったドバイショック、そして2010にあったギリシャショック、全て各国の金融不安ですが、これらのニュースが流れた途端、急速な円高に振れました。これは、日本円が世界的に安全なお金として見られているため、資産を守るため退避的に円が買われた結果でした。もちろんリスクが薄れてくれば、すぐに円が売られて円安に動きますが。

 ここまで円安、円高の話をしてきました。今回の内容は実際のFX取引には直接関係がないかもしれませんが、雑誌や本、またHPを調べていると、円高円安という言葉が多くでてきますので、円安、円高という状態がどういうものか、知っておいて損はないと思います。


←ドルストレートとクロス円ってなに?
円高・円安ってなに?↑TOP(上)へ
-当サイト利用によるトラブルや損害について一切の責任を負いかねます。ご利用の際は、必ず該当サイトで確認を-