はじめてのテクニカル分析 チャートにサポートラインレジストラインを引いてみよう。
初心者でもわかるFX取引
サポートとレジスタンスラインを引こう
 はじめてのテクニカル分析
もっと株式について知りたい方
サイト内コンテンツ一覧
まずサポートライン(支持線)レジスタンスライン(抵抗線)を意識するこは、他のRSIやMACD、ボリンジャーバンド、一目均衡表など、他のテクカル分析を行うのと同じくらい、FX取引や株取引を行うのに、ものすごく重要なんです。
 価格が下落している時は、サポートラインが抵抗となり、価格を下げ止めます。逆に価格が上昇している時は、レジスタンスラインが抵抗となって価格の上昇を阻止するように上値を抑えてきます。
 サポートライン、レジスタンスラインは、世界中のトレーダーが意識するラインだと考えてます。なので、このラインを意識してトレードをするだけでも、勝率は上がるのではないか。そして、唯一自分で管理できる、損切り価格を決め易いラインでもあるのです。
 サポートラインと、レジスタンスラインをFX取引だけではなく、株取引にも使えるので上手に利用してみてください。

  
サポートライン(支持線)とレジスタンスライン(抵抗線)が惹かれた上昇トレンドチャート
 
 上のチャートは、上昇局面での、サポートライン(支持線)とレジストライン(抵抗線)です。下の赤いラインがサポートラインで、水色と上の赤いラインがレジストラインです。

 買いが一段落して、Gの底値がサポート(水色)になっているラインを割ったところで、売りが優勢になり急な下落を示しますが、@のところで下げどまります。そして、ここで再びサポートライン形成して、上昇に転じたけども、Gでサポートになっていたラインが一転レジスト(抵抗)ラインに変わって、上値を抑えられてしまう形のチャートです。

 サポート、レジストのラインが価格によって入れ替わるのはよくあるので、今見てるラインがどっちなのかは、しっかりと見極めてください。何故、サポートがレジスタンスに変わり易いのかは、Gで買いを入れた人が、いったん下げ止まってから、上昇してきたきたところでで損切り、または同値で売って逃げたいからです。
 その上、このチャートは上昇局面のチャートなので、一旦レジスタンスラインが形成されると、そこで利益確定の売りを入れてくる人もいます。また、その便乗で売りを入れてくる人もいるはずです。

 そして、@〜Dで下の赤いサポートラインと水色のレジストラインを挟んで短いですけどレンジを形成します。この価格帯で、買いたい人と売りたい人が拮抗しせめぎ合っているわけです。

 上のチャートでは、このせめぎ合いの勝負は、買い方に軍配があがっています。Eのところでレジスタンスラインを抜けると、Gのところで形成されたFの赤いレジストラインもを一気に抜ける、大幅な上昇をみせます。

 @〜Dで下の赤いサポートラインと水色のレジストラインを挟むレンジが長ければ長いほど、上下どっちかに抜けると、大きく走るということは、しばしばあります。

 この場合の売買戦略は(管理人の勝手な戦略です)、上昇局面だと考て買いから入るとすれば、@で下げ止まったのを確認して、BとDで買いを注文するです。そして、Eの水色のラインをローソク足の実体で越えたEのところで、買いましです。
 もちろん、慎重を期して移動平均線を上抜けとクロスもある、Eのレンジブレイクのところで買いもありです。
 損切りは、赤いサポートラインをローソク足の実体で割ったところに置きます。もし損切りをしてから、再度上昇をしたら、Eの水色のレジストラインをブレイクしたところで、再度買い注文をいれます。

 逆に売りで入るなら、Aの上値を確認してからの、再度上昇してくるCで売りをいれます。そして、Eの水色のレジスタンスラインをブレイクしたところで損切りします。しかし、これが下降トレンドだったら、Eのところで損切りしないでFのレジスタンスラインでナンピンをして、Fのレジストラインをきっちりブレイクされたところで、損切りかなとも思います。

サポートライン(支持線)とレジスタンスライン(抵抗線)が引かれた、下降トレンドチャート

 次のチャートは、下降局面でのサポートライン(支持線)とレジストライン(抵抗線)です。
 下降してきた価格が@で下げ止まり、上昇に転じてAのところで、売りが優勢となり、レジストラインを形成します。Bの下値で反発したけど、やっぱりCのとこで上値の重いことを確認して再び下落を始めて、Dでサポートラインを割って一気に価格が落ちる、下降トレンドのチャートです。

この場合の売買戦略は(管理人の勝手な戦略です)、下降トレンドなので上値を確認したAのところまで上がってきたら(Cのところ)、売りたい局面です。ピンクの移動平均線に頭をおさえられているので、水色のレジストラインはけっこう強固じゃないでしょうか。逆に水色のレジストラインを上抜ければ、急反発もありえます。なので、損切りポイントは水色のラインをローソク足の実体で上抜けたところか、ピンクの移動平均線を上抜けたところ、どっちかに置くと思います。
 買い注文を入れるなら、Bの下げとまったところか、Cのところで水色のレジストラインをローソクありが上抜けたらです。損切りは、サポートラインを割ったらです。

 もちろん、実際に売買する時は、他のテクニカル分析とか、ダウとか色々チャートをみて判断するので、上の戦略通りになるかは分からないですけど、チャートだけなら、説明した通りの注文を入れると思います。

 サポートライン、レジストラインは最初にも書きましたけど、市場に参加している人のほとんどが意識しているラインです。もちろん、ラインの引き方で若干違ってくるので、どれだけ正確に引けるかが重要になってきます。市場に参加している人のほとんどが意識しているからこそ、サポートラインを下抜ければ、通貨を売る人が増えるだけではなくて、損切りする人も多数でてくるため、価格の下落が加速し易いのです。
 逆にレジスタンスラインを上抜ければ、通貨を買う人が増えて、売りっていた人が損切りして、価格の上昇が加速します。

 サポートラインとレジストラインを意識した利益確定や、損切り戦略はかなり有効だと管理人個人は勝手に考えてます。

←移動平均線って何? トレンドとチャネルライン
-当サイト利用によるトラブルや損害について一切の責任を負いかねます。ご利用の際は、必ず該当サイトで確認を-