株と材料 為替と株価の関係を理解しよう! 円高円安好材料悪材料? 輸出関連内需関連、株価はどう動く?
ノミでもわかる株入門
為替と株価の関係?
 
株取引や商品取引をするなら『為替は知らないから』は通用しません。取引リスクの軽減のためにも基本を押さえて、仕組みや影響を理解しておきましょう。株価への影響の基本は株価と材料一覧と同様、下の図のようになります。対ドルでの為替動向で、ほとんどの場合判断されます。
【円高】
  • 内需関連株は株高↑
  • 輸出関連株は株安↓
【円安】
  • 内需関連株は株安↓
  • 輸出関連株は株高↑
いろいろ難しい事は抜きにして、まずは上の基本を覚えておくと、日々のチェック銘柄も増えるかと思います。
 売り上げ増につながります
円安ということは=ドル高ということになります。それはつまり、輸出関連企業であれば
  • 国際競争力のUP
  • 売上高UP
につながり、プラス材料になると言われます。他国の安い製品の脅威にさらされる危険が減り、ドル建てであれば(輸出業者の多くがドル建てで輸出してます)円換算の手取りが増加することになります。
 売り上げ減につながります
国際競争力のダウンやドル建ての場合は、円換算にすると手取りが減り売り上げが落ちるため、マイナス材料と言われます。
 仕入れなど、材料費のコスト削減につながります
円高ということは=ドル安ということになります。それはつまり、内需関連企業であれば
  • 材料を安く仕入れられる=コスト削減で利益率UP
につながり、プラス材料になると言われます。材料を輸入に頼っているような企業なら、同じものの仕入れであっても、円高のため同金額であればより多く仕入れる事も可能です。
 円高の影響を受けない
  • 円高の影響を受けない国内での売り上げがほとんどを占める企業に注目が集まる。
円高の影響を受けにくい銘柄として物色されるケースも。
 材料費のコスト増で利益圧迫
材料費のコストがかさみ、仕入れなどの費用が増加して利益を圧迫することになるため、マイナス材料と言われます。
 売り上げの輸出割合の大きい業種
  • 自動車株
  • 電気・電子関連
  • ハイテク株
 材料を輸入しているような業種・円高の影響を受けにくい業種
  • 電力・ガス
  • 紙・パルプ産業
  • 食品
  • 建設
  • 不動産
日経平均銘柄の中には、日経平均が大きく左右される値嵩株があり、さらにハイテク関連株が人気なことから値嵩ハイテク株が大きく商いされると、動いた方向にブレる傾向にあります。そのため、円安でハイテク株が買われると株式相場もプラス推移する事が多くなります。
但し、円高=株高という図式があり、円高の方が株式市場に好影響とも言われています。そのため、株式市場全体では下落要因だとも言われます。
円安時には為替差損の発生を嫌った海外投資家が、早めに日本株を売却して損失の拡大を防ごうと資金を引き上げる傾向にあります。
円高=株高という図式があり、通常は円高の方が株式市場に好影響と言われています。日本経済の信用が上がる=円高=株高という形で海外からの資金も入ってきます。
但し、日本企業は輸入企業よりも輸出企業の方が多く、円高は輸出企業を圧迫することから株式市場には円安の方が好影響とも言われます。長期に渡る円高は輸出企業が多い日本経済にとって、プラスにならないとの見方が強くあります。
為替差益を見込んだ海外資家が、日本株買いに動くと言われます。そのため、円高時には海外資金が株式市場にも流入=株高につながる傾向にあります。
上の説明を見ていておわかりのように、必ず円高だからこうなる・円安だからこうなるという動きはありません。市場全体においてはどちらにも転ぶ可能性があるため、やはり個別銘柄に詳しくなって、『自分なりに円高の時と円安の時、この銘柄はこう動いた』などもチェックしておくと良いと思います。セクターで連動の動きをすることも多くなっているので、全体の動きを知るためにも自分のチェック銘柄の同業他社の株価チェックも忘れずに。
 円高だから自動車株は売られるか?
国内販売台数や輸出販売台数の割合などもチェックしてみましょう。また、企業の為替設定レートなども調べてみると役に立ちます。(1ドル=いくらは想定しているなど)
 みんなの考えていることを考えてみよう
円高・円安の基本は、このページ最上部の表になります。為替が、自分の狙っている銘柄の株価下落要因になっている場合は、上昇は難しいという予測もできます(材料などのニュースは抜きで)。
 急激な為替の変動には注意
為替がゆっくりと動いている場合には、株価への影響も限定的だったり織り込み済みということになりますが、急激な変動の場合は企業収益の極端な圧迫にもなりかねません。
 為替の変動は商品相場に影響を与える
商品相場が影響するような業種(近日中UP)は、為替→商品に影響→株価に影響の図式もあります。商品相場が関連している場合には、為替から商品相場の予測を立てる必要もあります。
自分の得意とする分野や業種を作ると予測しやすくなると思います。為替は株式市場にも大きく影響を与えると言われていますので、必ずチェックするようにしておきましょう。

為替と株価の関係と影響?↑TOP(上)へ
-当サイト利用によるトラブルや損害について一切の責任を負いかねます。ご利用の際は、必ず該当サイトで確認を-