株と材料 信用取組みで見る思惑?
ノミでもわかる株入門
信用取組みで見る株価の思惑?
 
株の需給バランスを見るためには、信用取組みの動向チェックも必要と言われています。証券会社の売買ツールなどを使っていると、銘柄別に信用買残・売残などの数値や信用倍率などの情報が掲載されています。この数値で一体どんなことがわかるんでしょうか?
信用取引基本>>はじめての信用取引
 買い残
信用買いを入れて、決済していない状態の株のこと
 売り残
信用売りを入れて、決済していない状態の株のこと
 残高と傾向

取組 残高ケース 読み取れる反応
信用買い 増加 株価が将来上がることを予測している人が増えている
減少 株価が将来下がることを予測している人が増えている
信用売り 増加 株価が将来下がることを予測している人が増えている
減少 株価が将来上がることを予測している人が増えている

自分が『もし売買するなら』を考えれば、一般的な見方はだいたいわかると思います。自分が『この株はまだ上がる』と思えば信用買いを入れると思いますし、また、『この株は下がる』と思えば信用売りを入れると思います。
信用残高というのは、これからの株価への投資家の思惑が反映されたもので、信用買い残高が増えれば『上がる』と思っている人が多い状態・信用売り残高が増えれば『下がる』と思っている人が増えているということになります。
 確認方法
証券会社のツールを使っていない場合にも、もちろん確認する方法はあります。
 発表データには差があります
混乱しがちなのですが、日本証券金融(日証金)のデータには、各証券会社内での店内食い合い分などのデータが入っていないため、残高に違いが出ます。どちらのデータで判断したら良いのかわからないという方もいると思いますが、どちらか片方でなく両方の信用残データを併用するのが一番です。
では、どのようにデータを利用すればいいのでしょうか?
  1. 証券取引所などでの個別銘柄の信用取引残高をチェック(週1)
  2. 日証金でのデータで動向チェック(当日夜:速報/翌日:確定)
上の発表日を見るとわかりますが、買い残・売り残動向は『日証金の速報で』より詳しい銘柄の数字に関しては『証券取引所の信用取引残高で』チェックするのが良いと思います。
 計算式
信用残高がわかったところで、今度は信用倍率というものの計算をしてみましょう。
信用倍率というのは、売り残に対する買い残の倍率を表すもので、買いの勢いが強いのか・売りの勢いの方が強いのか判断する材料にもされています。
  • 買い残÷売り算=信用倍率(貸借倍率とも呼びます)
 買い時・売り時の判断倍率

取組 判断
信用倍率:3倍以下(2〜3倍) 株価が低水準にあり、買い時と判断されています。
信用倍率:1倍以下 株価が天井(高値)圏にあるため、売り時と判断されています。

ページの一番上の表では、一般的な見方を説明しました。普通に考えれば、『株価が上がると思っている人が多いから信用買い残高が増える』『株価が下がると思っている人が多いから信用売り残高が増える』ということになります。
そこでチェックしなければいけないのが、信用売買では『6ヶ月以内に反対売買をして決済をしなければいけない=信用期日までに返済が必要:制度信用』という規則がある点です。普通に株価が上がり、徐々に信用買い残も増えて、利食いの反対決済が出ても影響のない位の水準・・・であれば、何の問題もないのですが、
 突然残が増えて、その後残が増えない・減らない場合は?
  • 株価>保有したまま一斉に返済期限を迎える為、売り圧力に押され株価が下落の可能性大(買い残が増えなければ、買い支えはない。さらに下落すれば、損切り決済でさらなる下落を招く場合も)※上げ傾向になれば、下落も一時的
という事態にもなりますし、反対に、
 売り残が急に増えて、その後売り残が増えない・減らない場合は?
  • 株価>保有したまま一斉に返済期限を迎える為、買戻し圧力に押され株価が上昇の可能性大(売り残が増えなければ、乗っかりで買い参入してくる人も多いので、損切り買い決済も増加して株価の押し上げ要因にも)※下げ傾向になれば、上昇は一時的
という事態にもなります。 単純に増え続ければいいというものでもないので、見極めをするためにも信用倍率の確認も欠かせません。株が上昇するためには株を買う人が増えていかないとならないのですが、投資家は『買った瞬間から売り手』ということを忘れないようにしましょう。増えれば増えるほど、売らなければいけない人も増えるということですね。
私自身、たまに売買で熱くなってしまう事もあるんですが、「何でそんなとこで売るんだ〜!」なんて。でも冷静な友人はいつも言うんですよ。「買った買ってくれた!なんて喜んでても、買った人達はみんな、もう売り手なんだからね。どこで売ったって、それはその人の好き好き。文句は言えないね。もう上がらないと思えば売るだろうし、資金の回転させるために最適だと思う売り時もあるでしょ。」本当にその通りです。熱くなりすぎた自分に反省です。
トレンド 買い残高 読み取れる需給動向
上昇トレンド 増加 プラス要因
減少 マイナス要因
下降トレンド 増加 プラス要因・マイナス要因
減少 マイナス要因

下降トレンド時には買い残が増えても、トレンドに変化がなければ、上昇を見越しての買いというより『ナンピン』買いになる可能性が高いです。現物でも信用でも買いを入れる際には、上昇トレンドにある銘柄の選択をおすすめします。
株関連のサイトや掲示板などでは、信用取組みの話題が必ず出てきます。意味がわからないと迷ったらチェックに使って下さいね。
  • 貸借倍率(信用倍率と同じ)=買い残÷売り残
  • 逆日歩:証券金融会社が貸し株不足分を外部より調達する際に発生する手数料(かなり高額になったりします。売り株が足りない状態です)
  • 残が少ない:買いも売りも残高がたいして多くなければ、株価への影響はないということです
  • 売り算・買い残ともに増加:高値更新時などによく見られます。まだまだ上がるという思惑と、天井だとの思惑売りが交錯した状態です
  • 追証:約定価額の20%を委託保証金が下回る状態になると、信用取引の担保能力不足を穴埋めするために追加の証拠金が発生します。このことを追証と言います。
  • 追証発生時の手仕舞い決済:追証が発生する株価になったとしても、損切り決済すれば追証を払うことなく手仕舞いすることができます。急激に株価が変化した場合、この手仕舞い決済によって株価の上昇や下落を加速させる動きが出る場合があります。
 リスク理解
信用取引については、各証券会社でも詳細な説明を掲載しています。証拠金取引と言われているように、自分の資金力以上の取引ができます。信用取引に取組みをする場合はそのリスクなども理解しておきましょう。
 信用取引をしていなくても信用取引の知識は必須
株価とその動きに影響を与えるのが材料なのですが、信用取組みも材料の1つとしてよく取り上げられます。よく取り上げられるという事は、これからの株価の判断材料として使えるという事になります。信用取引をせずに現物取引のみをするという人も、信用取引の仕組みを理解することはリスク軽減につながります。少しずつでいいので保有銘柄や売買銘柄の信用取組み残高にも注意を払うようにしてみて下さい。面白い事がわかるかもしれません。
※株価はさまざまな要因で動いています。一般的な考えをそのまま取り入れても、思い通りの動きをしない場合も多々あります。こうなれば、絶対にこう動くという材料もありません。いろいろ経験しながら自分なりの株取引のスタイルを作り上げることをおすすめします。必ず自分自身の判断で投資は行いましょう。
※リンクに報告が必要なサイトに関しては、サイト管理者様宛にリンク掲載の連絡を入れております。
-当サイト利用によるトラブルや損害について一切の責任を負いかねます。ご利用の際は、必ず該当サイトで確認を-