はじめての株取引 暴騰しやすい株暴落しやすい株の見分け方
ノミでもわかる株入門
暴騰しやすい株暴落しやすい株
 
暴騰(ぼうとう)しやすい銘柄、暴落(ぼうらく)しやすい銘柄は、間違いなくあります。そして、暴騰しやすい銘柄と暴落しやすい銘柄は同じです。暴騰するということは、その銘柄に人気が集中するということです。暴落するということは、保有している株を売りたいという人が大多数いるということです。好材料、悪材料が出ればどの銘柄でも、株価が暴騰暴落することはあります。ただ、それがより顕著に株価に反映されやすいる銘柄があります。
株は大きく分けて、大型株、中型株、小型株の3つに分類されます。
  • 「大型株」は、発行済み株式数が2億株以上または、
  • 「中型株」は、発行済み株式数が6千万株以上2億株未満
  • 「小型株」は、発行済み株式数が6千万株未満
という具合に、東京証券取引所では、上場している企業を分類しています。しかし、これはだいたいの目安と考えてください。一般的には、時価総額で株を分類しています。どうしてこんな説明をするのか。発行済み株式数が、少なければ少ないほど、暴騰しやすく暴落しやすいからです。発行済み株式数が少ない「小型株」に投資家が殺到すれば、あっという間です。人気化すると驚くほどあっけなく天井をつけます。
人気化する前の「小型株」を保有していたら、羨ましい限りです。1番怖いのは、人気化してからそれに乗ろうとした場合です。こういった銘柄は、人気熱が冷めると株価は勢いよく下落・暴落していきます。実際の企業価値に見合わない株価をつけている銘柄ほど顕著です。上手く売りぬく自信がない人、本業を持っていて逐一株価をチェックできないという人は、こういった銘柄を見つけても手を出さないことをおすすめします。
「小型株」に投資する場合、暴騰する銘柄を探すのではなく、その企業の業績にあった上昇トレンドを描く企業に投資することです。しっかりとファンダメンタルズ分析をして現在の株価に対して企業の価値がどうなのかをしっかりと見極めて投資をすれば、「小型株」には株価が安くて、割安な銘柄が多く存在します。そのため、株価が購入金額の2倍、3倍となり大幅な利益が取れる確率は高いと考えられます。
1つの商品が、全体の総売上に占める割合が高い企業です。
例えば、1兆円以上の利益を出すような某自動車メーカーの場合、たとえ1車種がヒットしなくても、全体の売上にはそれほどダメージもありません。逆に1車種が大ヒットしたとしても、売上に占める割合が低ければ売上を押し上げることはありません。
逆に1つの商品が総売上に占める割合が多い企業であれば、主力商品の売上が業績を左右します。以前、某音楽企業で1人の歌手が移籍するだのと、噂がたったなんてことがありました。その時、株価は大幅に下落しました。1人の歌手が抜けることによって、大幅に売上がダウンし利益が悪化するからです。
1つの商品が総売上に占める割合が大きければ大きいほど、大ヒットすればするほど業績は伸び、コケれば一気に業績は悪化します。株取引で大幅な利益を出したい場合、1つの主力商品が総売上に占める割合が大きい企業を狙うのも一つの戦法です。投資家から人気が集まれば、株価は急上昇していくはずです。こういった銘柄は、上場して間もない、もしくは資本金が数十億円以下の比較的小さな企業を探していけば見つかると思います。
暴騰しやすい株、暴落しやすい株への投資は、ハイリスクスハイリターンだということを忘れないでください。ハイリスクスハイリターンな銘柄ほど、売り時を間違えると大損をします。もちろん売り時を間違わなければ大儲けできます。こういった銘柄に投資する場合は、人気に火がつく前のものを見つけた場合のみにしましょう。人気化する前の購入であれば、利益確定の売りを多少失敗しても、十分な利益は取れるはずです。
-当サイト利用によるトラブルや損害について一切の責任を負いかねます。ご利用の際は、必ず該当サイトで確認を-