はじめての企業財務分析 株取引に役立つ財務分析とは?
ノミでもわかる株入門
株取引に役立つ財務分析
 
これまでは、決算書(貸借対照表、損益計算書)について、決算書からの分析方法を紹介しました。株式投資で儲ける基本は、安い時に買って高い時に売ることです。これまでの説明では、企業の業績がいいのか悪いのかはわかっても、それが株価にどう影響しているのかはわかりません。
低位株、ボロ株というのは非常に人気があります。低位株につていの明確な定義はありませんが、200円未満のものを指すようです。
 いくらで株が買える?
株価200円で単元株数(売買できる最低株数)100株の場合
200円×100株=20,000円 となります。つまり、2万円で株が買えるということです。すごく購入しやすい金額です。証券取引所も個人投資家が株を購入しやすいようにと、単元株数を下げるようにと企業に働きかけているようです。1000株のところは100株にという具合にです。
 低位株のメリット
大儲けできる可能性があるということです。200円の株が1,000円になれば、いったいどれ程の儲けになるでしょうか。
1,000円の時点で売ったとすると、
1,000円×100株=100,000円 です。
20,000円での購入ですので、80,000円の儲けということになります。これこそが、株価が安い時に買い、そして高い時に売るという株式投資の醍醐味かもしれません。しかし、低位株には恐ろしい危険が潜んでいる場合があります。
 低位株の危険性
株を購入した企業が倒産し、株券がただの紙屑になってしまうことです。
株を購入すると通常、株式会社証券保管振替機構(ほふり)に預けられ実際にお目にかかることはありませんが、株を購入した企業が倒産した場合に限り、株券が自宅に送られてきます。上場企業はおよそ3500社、倒産件数は年間10〜20件ですので、比率で考えれば大したことはありませんが、自分がその株を所持していたら、こんな虚しいことはありません。株価が上昇する材料もなく低迷したままということもありえます。
株価が安いということは、投資家から人気がないということになります。(分割直後、単位株変更直後にも同じ状況が起こりえますが、長期株価が安い状態と考えて下さい)
人気がないのは何故でしょうか。何か必ずマイナスの理由があるはずです。例えば、長期に渡って赤字続きであるとか、借金の残高が多いとかです。株価が安ければ安いほど、企業が倒産する危険が高い株でもあるといえるのです。ただ安い株だから買うというのは本当に危険ことなので、この事は絶対に忘れないでください。どうすれば、このような事態に会わないで済むのでしょうか。
 危険を減らして買い得な株を買うには
株価の安い株を買うのではなく、企業の価値に対して割安な株を探して買えばOK。
 割安な株を探す
これが、今話題のバリュー投資という株式購入法です。
企業の価値を数値化すると、1株当たり1,000円の価値があるのに、株価は200円で推移している株のことです。このような株は、ただ安いのではなく割安な株といえます。1度は業績が悪化したものの、倒産の危機を免れ、苦境を乗り越えようやく持ち直してきた企業のことです。大多数の投資家がその事実に気がついていなければ、株価は割安です。そんな企業を見つけることができれば、株価が5倍いや10倍に化ける可能性もあります。
株価が割安な企業を探すのに役立つファンダメンタルズ分析(投資判断をするのに必要な財務分析のこと)とはどんなものがあるのでしょう?指標を使い分けて企業分析に繋げることの出来る計算もいろいろあります。 などを参考に分析をして株投資の判断基準の1つに付け加えてください。
-当サイト利用によるトラブルや損害について一切の責任を負いかねます。ご利用の際は、必ず該当サイトで確認を-