はじめての企業財務分析 PBR(ピービーアール) 株価純資産倍率とは資産に対する株価割高割安を見る指標です
ノミでもわかる株入門
PBR(ピービーアール)と株
 
PBR(ピービーアール)とは、日本語で株価純資産倍率といいます。前回紹介したPERと同じぐらいよく使われるファンダメンタルズ分析の指標の1つです。
【PER】が企業の利益に対して現在の株価が割高なのか割安なのかを判断する指標ならば、【PBR】は企業が所有する現在の資産に対して株価が割高なのか割安なのかを判断する指標です。
PBRがどういう場面で使える指標なのかといえば、株価の底値を計る時です。
純資産(1株当たりの資産)が500円で、株価が500円の場合
  • PBRは1倍
 割安の判断基準
1倍未満なら割安
 割高の判断基準
1.1倍以上なら割高
 計算式
PBR(株価純資産倍率)=株価÷1株あたりの純資産
1株あたりの純資産(BPS)=株主資本もしくは総資本(売ればお金になる資産から−返さなければならない負債)÷発行済株式数
Yahooファイナンスでは、目的の企業を、企業名・財務指標で検索すれば、簡単に見ることができます。(ページの入力ボックス内にコードNOを入力→該当企業が出てきたら、企業情報のすぐ上の【詳細】をクリック)
すでに証券会社口座を開設していれば、そちらでも見ることができるはずです。もし、自分で計算したいというのであれば、目的の企業のページに行き、決算短信を入手しましょう。
決算短信には、企業のこれまでの業績・今期の売上、利益、配当金の予想が書かれていますので、それを元に計算してみましょう。決算短信は、IR情報、投資家情報などと書かれたページにあると思います。
PBRのみで株価が割高なのか割安なのかを判断する場合、1倍が基準になります。
 PBRが1倍の場合
  • 純資産(1株当たりの資産)が500円で、株価が500円の場合=PBRが1倍
PBRが1倍の時点で企業が解散したとします。解散をすれば当然購入した株(株券)はただの紙切れとなりますが、解散時に行う清算処理(企業が解散した時にその企業が抱える負債を手持ちの資産で返済すること)により、500円が戻ってきます。
PBRが1倍ということは、企業が解散しても投資家は損をすることがないという数字です。ですので、優良株であればPBR1倍の株価が底値となるケースが多いです。
ただし、資産(土地、建物、機械など)は時価ではなく取得価格で計算されている場合があるので、計算上のPBR1倍でも実際のPBRが1倍とは限りません。
 PBRが1倍未満の場合
  • 株価が400円で1株当たりの純資産500円の場合はどうか
400円÷500円=0.8倍
割安な株であると判断できます。どうして、割安なのかわかりますか?
もし企業が解散をしたら、400円で株を購入したのにもかかわらず、500円お金が返ってくる事になります。財務体質が良くて、PBR1倍割れの株があれば、理論的には損をすることはありません。
どのような状況で1倍割れが起こりえるのでしょうか?
考えられるのは不祥事を起こした場合です。大量リコール、個人情報漏洩、システム障害などです。財務体質さえ問題がなければ、いずれ業績は回復すると考えられるので株を購入しても損をする確率は少ないはずです。当然、株価は安いはずなので、低PBRの企業の株価が上がれば大儲けは確実です。(その後経営理念やコンプライアンス、財務体質が変わらなければ、永久に上がらないでしょうけど)
 PBRが1.1倍以上の場合
  • 株価が2,000円で、1株当たりの純資産500円の場合はどうか
2,000円÷500円=4倍
割高な株であると判断できます。または、投資家から人気のある株であるとも判断できます。投資家がどのような点が気に入ってその株を購入しているのかといえば、成長性しかありません。M&Aを実施して事業規模を拡大している企業や、売上が倍々に伸びている企業、目立っている企業ともいえます。新興市場の銘柄にこのような高PBR企業が多いです。
 慢性的にPBRが1倍以下、PBRが極端に低い場合
要注意です。ほとんどの場合財務内容に問題があると考えて間違いありません。たいていの場合、現金化できない資産を大量に抱えているはずです。不良債権、大量の在庫などです。もちろん、リストラが進み業績が上向いていたり、財務体質が改善してきている場合は、株価が急上昇するかもしれません。
特に貸借対照表(B/S)を分析するで紹介した【当座資産比率】が大事です。一時的に経営が悪化した場合でもすぐに現金化できる資産、もしくは現預金を多く持っていれば何とか乗り切れるものです。そして、次に大事なのが有利子負債(利息を支払わなければ行けない借金)です。ここの比率が多きいと会社の利益を圧迫し、最悪の場合倒産なんてことも十分考えられます。
しっかりとその企業の財務分析(3期分ぐらい)をして、大丈夫だと自信がもてる場合のみ購入するようにしましょう。財務体質が悪いと株券が紙くずになる可能性が高いので、購入する場合は特に注意が必要だと考えます。当然のことですが、売上が回復している、または伸びているということが大前提です。
PBRが高いということは、企業の資産価値に見合わない株価だから下がりやすいかというと、そんなことはありません。よく考えてみてください。投資家は何を基準に株を購入するのでしょうか?低PBR株を狙う投資家の場合、信用取引、配当目当てで購入するということは考えにくいので、株価が上がるのかどうかそれだけを考えて投資する場合が多いはずです。いうなれば、その企業の将来性を買うという事になります。
今は純資産500円でも、投資家はいずれ株価2,000円に見合う純資産と持つだろうという将来性を見込んで株を購入しているので、企業の成長が止まらない限りPBRが下がるとは考えにくいです。優良株であれば、投資家から人気があるのでPBRは高くて当たり前です。なので、財務体質が良いという前提条件付きで、PBRが高くても、PERが低くて株価が安ければ「買い」ということになります。
 成長している企業の割高・割安には適していない?
PBRという指標は成長している企業の株価が割高なのか割安なのかを判断するのにはあまり適していません。PBRはあくまでも株価の底値を判断する指標として使うものです。PBRという指標をよく利用するのは、低位株、バリュー株と呼ばれる1株100円とか200円の株を好んで購入する投資家だと思います。低位株、バリュー株を購入する投資家は、投資した企業の成長を待つ中長期での運用を考えていると思います。ですので、PBRは中期長期の投資に向いている指標でもあります。
仮に100円が底値で、財務が改善され売上が急成長すれば、元々安い株なので大儲けは確実です。買値が100円なので、株価が大幅に下がり損をするというこも少ないはずです。これだけを考えると、低位株、バリュー株への投資はお得なんだなと思うかもしれません。しかし、株価が低いほど、倒産という最悪の事態になる確率が高いいのも無視はできません。値下がりで一部損をするのではなく、全てが無くなってしまう事もありえます。企業が倒産する場合、当たり前ですが債務超過=いわゆる資産よりも負債が多い状態になっているはずですので、清算処理の後に株主にお金が戻ってくることはほとんどありません。低位株、バリュー株への投資は、ハイリスク・ハイリターンの側面もあるということを肝に銘じて投資を考えましょう。
PBRのみでどの株を購入するのかを判断するのならば、優良株(財務体質の良い企業)が何らかの理由で一時的にPBRが1倍以下になった場合のみではないかと思います。それ以外の場合は、リスクも大きいと覚えておきましょう。
PBRと株↑TOP(上)へ
-当サイト利用によるトラブルや損害について一切の責任を負いかねます。ご利用の際は、必ず該当サイトで確認を-