はじめての企業財務分析 ROE(アールオーイー)と株 株主資本利益率成長企業を探す!
ノミでもわかる株入門
ROE(アールオーイー)と株
 
日本語で株主資本利益率といいます。ROEは株主資本により、どれだけ利益を上げたかを計る指標です。
企業の利益から株が割高なのか割安なのかを判断するPER、企業の持つ資産から株が割高なのか割安なのかを判断するPBRと違い、ROEからは購入しようとしている株が高いのか安いのかを判断することはできません。では、株を購入する際にはあまり役に立たないなと思うかもしれません。
確かに企業の資産、利益から株価を判断することはできませんが、中長期の投資で株を運用しようと考えているのなら、株主資本比率とともに、重要な指標だと考えています。この数値が高いほど、大雑把な考えですが効率の良い経営をしていると考えられるからです。経営の効率が良いということは、効率よく利益を出している企業とも考えられます。そんな企業の株を、いつまでも投資家がほっとくと・・・思いませんよね。
ROE(株主資本利益率)の計算式は下記の通りになります。
ROE(株主資本利益率)=(純利益÷株主資本)×100
もしくは
ROE(株主資本利益率)= {1株益(EPS)÷1株あたりの純資産(BPS)}×100
上記の計算式のEPS、BPSはどちらも純利益、株主資本を発行済株式数で割っているだけなので結果は同じになります。
ROEを理解するには、純利益を理解しなければなりません。
右にある簡単に書いた損益計算書を見えてもらえればわかると思いますが、純利益は企業があげる総収益から総支出を引いたものです。企業が儲けた総利益ともいえます。この純利益に基づき1株あたりの配当の額が決められます。 <損益計算書>
売上
売上原価(仕入れなど)
営業費用
営業利益(損失)
経常利益(損失)
税引前当期利益(損失)
当期純利益(損失)

簡単に説明すると、売上から売上原価(商品、もしくは商品を作るのにかかった費用)、営業経費(商品を売るのにかかった費用)を引いたのが営業利益となります。営業利益から本業以外の損益を差し引きすると、経常利益。経常利益から、突発的に発生する手持ち資産(工場、土地などの)などの損益を差し引きすると、税引き前当期利益になり、そこから約40%の税金を引くと、当期純利益になります。
この当期純利益を発行済株式数で割ったものです。
 1株益(EPS)で何がわかる?
企業の1株当たりの儲けがどのくらいあるかをみているので、EPSが伸びているということは、企業の利益が増加しているといえるのです。ただし、株式分割で発行済株式数が増えると、当然のことですが当期純利益が同じでも1株益は少なくなるので、前期比と比較する場合は発行済株式数が同じなのかの確認をしてください。
1株益(EPS)を指標にする場合の注意点が1つ、EPSは純利益で計算するので本業以外の収益(有価証券、土地などの売却)が増加した場合、1株当たりの利益も増加します。
純利益から、役員に支払う賞与、株主に支払う配当金を差し引いて残った利益を、未処分利益として、決算手続き語に貸借対照表(B/S)の資本の部(株主資本)に組み入れます。
ROEを理解するには、純利益と株主資本を理解しなければなりません。
資本は、株主資本とも言いますが、右の簡単に書いた貸借対照表(B/S)の水色の部分になります。資産から負債を引いた金額になります。大雑把に言えば、売ればお金に変えられるものから、将来お金を支払わなければならないものを引いて残った金額です。 <貸借対照表>
資産 負債
資本

株主資本は、株主から集めたお金と内部留保金(企業が営業であげた利益)で成り立っています。資産の増減がなく、負債(借金)が増加すれば、企業は利益の悪化により利益の積み立てである内部留保を減らしているはずです。
1株あたりの純資産(BPS)は、水色の部分、資本(株主資本)を発行済株式数で割ったものです。
負債が増えても、資産が増加していれば、将来に向けての設備投資と考えられるので、売上が伸びていれば問題ないと思います。
 1株あたりの純資産(BPS)計算方法
1株あたりの純資産(BPS)=株主資本もしくは総資本÷発行済株式数
 BPSの金額とは
数字の上だけで考えれば、BPSの金額とは企業が解散した時に株主が受け取る金額でもあります。(実際は、企業の持つ資産は時価でない場合が多いので計算通りにはいかないと思いますが)
BPSの額は、実際の株の価値でもあります。ですから、株価が下落した場合でも、BPSの額が底値になるケースが多いです。PBRでいえば、ちょうど1倍となります。1倍以下であれば、実際の株の価値よりも株価が安いと判断できます。
ROE(株主資本利益率)は、株主から集めたお金と内部留保(利益の積み立て)をいかに効率よく運用して、どれだけ利益を出したかの利率です。ROEが高ければ高いほど、効率の良い経営をしているということになります。
ROEを説明するの為に純利益と株主資本の説明をした理由は、純利益が本業の儲けだけで出た利益とは限らないということを理解して欲しかったからです。純利益が多く出れば、ROEは高くなります。しかし、本業以外の収益で大きく利益が出た場合、税金を支払っていなかった(前期出した赤字は5年間繰り越せる)場合でも、高ROEになります。しかし、この場合の高ROEは一時的なものです。そんな事を知らずに、高ROEだからといって、株を購入してしまったら損をする確率が高くなります。
そして、もう1つ負債と資本の比率なんですけど、資本の比率が低いほど高ROEにもなるので、資本と負債の比率にも十分注意を払ってください。負債の比率が小さいほど、借金がすくなく経営体質は良いというとこになります。
ですので、最低でも前期に比べ売上が伸びているのか。純利益ではなく、営業利益(本業で儲けた金額)が伸びているかを確認しましょう。そして、純利益、は最終的に内部留保として株主資本(上の図の水色の部分)に組み入れられます。内部留保は決算の度に積み立てられていきますので、内部留保の額は企業が利益を出し続ける限り、基本的には増えていきます。ということは、純利益が増えていかなければ、ROEは下がります。
実際に計算をしてみましょう。
  • 1株当たりの純利益が100円で、1株当たりの株主資本が1,000円の場合のROEは(配当などの支出は考慮しません)
(100円÷1,000円)×100=10%
これを前期と考え、今期も純利益が100円だった場合のROEは、
{100÷(1,000円+100円)}×100=9%となります。
上記の計算式を見てみて下さい。
110円の純利益を出さなければなりません。ROEが前期と変わらない、もしくはROEの利率が上がっていれば、業績が伸びているともいえます。
高いROE率を維持している企業は、投資家に注目をされ始めれば一気株価があがる可能性があるということです。低位株、バリュー株に投資する場合に、企業の安全制を計るのに株主資本比率と合わせて使えば、損をするリスクを相当減らせるのではないでしょうか。
ROEと株↑TOP(上)へ
-当サイト利用によるトラブルや損害について一切の責任を負いかねます。ご利用の際は、必ず該当サイトで確認を-