はじめての株取引ガイド 株の利益確定損切りタイミング 自分のルールを守って取引を
ノミでもわかる株入門
株の利益確定と損切りについて
 
株取引、株式投資で最も重要なのが、買った株の売り時です。株を買おうという決意さえあれば、人間、結構簡単に株を買うことはできます。これは、株以外のことについても言えることだと思うのですが、持っていない物を買うと行為は、資金と金額の折り合いさえつけば、ある程度割り切ることができます。しかし、すでに持っているもの売るという行為は、思い入れがあったりで中々割り切って売ることができません。
株にも同じことが言えます。自分で選び、これだと考えて買った銘柄であればあるほどなかなか売ることができません。株価が上がっていれば、まだ上がるだろうと考えますし、下がっていても、もしかしたらそろそろ反発して上がりだすかもと考えてしまいます。
車の運転で最も事故を起こしやすい運転の事を「だろう運転」と言いますが、株式投資も同じく「だろう取引」は危険です。特に売りの時は危険です。また、思い入れがあればあるほど危険度は増します。株価は思い入れでは動いてくれないからです。どれだけ冷静に、人それぞれに決めた株取引ルールがあると思いますが、その通りにできるかが、儲かるか損するかの分かれ目になります。
買った株の売り時は、利益確定の売り、もしくは、損切り(ロスカット)売りのどちらかになります。
株式投資で儲けを出すために重要な「売り」はどちらだと思いますか。
それは損を確定させる損切り(ロスカット)です。おそらく多額のの儲けを出している個人投資家は、損切りが非常に上手いと思います。
株投資は取引ごとに一喜一憂ではなく、トータルで考えていく必要があります。
株式取引で大儲けするためには、いかに損を減らすかにかかっています。株取引で、100%の勝率ははっきりいって無理な事です。株式取引をする上では、損をするのは当たり前という考えの元で投資することをおすすめします。5回負けても1回の取引で勝ち、トータルで儲けていればいいという考えかたです。いかに下落する株なのかを素早く見極め、いかに少ない損で売り切れるか。これに尽きるといっても過言ではありません。
利益確定と損切りポイントの図
 何%下落より金額の目安
損切りに関しては、買った株価の何%下がったら売ろうという考え方よりも、株価が○円に下がったら売ろうという具合に、具体的な金額で考えたほうが売りやすいです。で、何を目安に損切りの株価をきめるのか。これについては人それぞれ色々だと思います。はっきりとこれがそうだと言えるのものはありません。人は未来を正確に予測することができませんので、過去のデータの統計をとり、株価はこう動く確率が高いのではないかと予測することしかができません。この確率を上げるためには、やはり経験です。たくさんのチャートを見て、研究していくことで場の動きの予測が立ちやすくなります。
 損切りの目安(管理人の場合)
直近の最安値、もしくは下げ幅です。株を買う直前の下げ幅が100円で、買ってからの下げ幅が100円を下回るようなら、損切りを考えるべきだと思います。また、直近の安値や最安値を抜いて下落した際にも損切りの場面となります。もし、売った後に反発を始めたら、もちろん買い戻します。だったら、売らないで持っていればいいじゃないかと思うかもしれません。しかし、1番怖いのは、ズルズルと株価が下がる株を持っていることなのです。そして終いには、売るに売れない状態になる。いわゆる、塩漬け状態です。何故怖いのか、株を塩漬けにするということは、資金を眠らせておくことでもあるからです。
資金を眠らせておくということは、それだけ儲ける機会を失っていることにもなります。だったら、株価が値下がっている株にはさっさと見切りをつけ、値上がりしそうな株を見つけ投資をする。もしくは、保有している株の中で値上がっている株を買い足したほうが、よほど儲けられるはずです。
管理人の損切りについての考え方は、いかにドライに、機械的に売りができるかです。感情的になればなるほど売れなくなります。そして、損をします。(経験談:ずるずる保有して良い結果になったことは→なし)
損切り以上に感情的になるのが、利益確定の売りをいつにしようかと考える時です。チャートが上昇トレンドにあればあるほど売れなくなります。右の簡単なチャートを見てもらえば分かると思いますが、利益確定の売りの理想は、売り1です。ここで売れる人は、株取引の天才です。しかし、凡人である管理人には無理です。もっと上がるんじゃないか、もっと上がるんじゃないかと欲深い感情が頭をもたげてくるからです。それに、ここが天井と知るのも後になってからの事となります。
どこで利益確定の売りを出せばいいのか、通常よく言われるのが、儲けが2割出たらとりあえず1度利益確定をしようなんていいますが、株価が上げている最中はなかなか売却できません。そこで、自分の予測(まだ上昇する)とズレた2の場面での売却を考えます。もちろん、自分なりに考えた売却タイミングを決めて売買する事は大事です。自分なりの勝ちパターンで取引していくのが、もちろん良いに決まってます。
ただ、私の場合は高値付近でない場合、直近の天井かどうかを判断するのは、後になってからでないと出来ません。そのため、『自分の予測パターンからはずれた場合は決済』を考えています。株価は常に一定ではなく、上下の変動を続けています。上げの場面での調整局面、下げの中での反発局面をよく観察しながら投資をしたいですね。
損切り(ロスカット)や利益確定のタイミングは、やはり経験して自分で見つけていくしかありません。上昇トレンドのチャートでも、必ず利益確定などの売りが入り、チャートは上げ下げしています。長期的に見れば、上げっぱなしのチャートなんて存在しません。調整局面に来た際に上手く資金を回転させれば、利益幅は大きくなるでしょう。
ここに書いた損切り、利益確定はあくまでも管理人の個人的な見解です。株価の動きに必ずはないので、自分なりの法則を見つけて株取引をしましょう。
-当サイト利用によるトラブルや損害について一切の責任を負いかねます。ご利用の際は、必ず該当サイトで確認を-