はじめてのテクニカル分析株初心者のためのテクニカル分析入門トレンド系オシレーター系売買シグナルをチェック!
ノミでもわかる株入門
はじめてのテクニカル分析
 
株入門ではファンダメンタルズ分析を中心にお話してきました。株式投資の基本はファンダメンタルズ分析ですが、勝率UPや値幅取りのためには『売買タイミング』も欠かせない要素となっています。ここではテクニカル分析の種類と売買シグナルの目安と言われている数値ポイントなどの基本について説明します。
テクニカル分析には大きく2つの系統に分類できます。
 トレンド系
中長期での相場の方向性を見る
 オシレーター系
短期的な需給などの変化を見る
トレンド系は上記の説明のように、トレンド、つまり上昇傾向にあるのか下降傾向にあるのかの方向性を見るのに適しています。通常は上昇トレンド上で買い、下降トレンド上では見送りが良いとされています。これは上昇トレンド時には、下値を切り上げ上値を追っていく傾向にあるため株価の上昇余地が大きいためです。反対に下降トレンド時には下値切り下げ、上値も下落途中の反発で切り下げ傾向となるため下落余地が大きいと言えます。トレンドを見るという事は、相場の大きな方向感を捉えるという事ですから、上昇トレンドを捉えるという事は株式投資で利益を得るための第一歩ということになります。
続いてオシレーター系チャートですが、こちらは市場で、現在買われすぎ・売られすぎなど需給状況を見るのに適しています。トレンド系で上昇トレンドを確認した後に、売られすぎポイント(買いへの反転期待が大きいポイント)で買えば、下値余地のリスクも少なく株を買うことができます。買われすぎている株は必ず売られ下落しますし、反対に売られすぎの株は手頃感から買い戻しされる事から、市場心理を見るとも言われます。
 ローソク足
期間内での始値、終値、高値、安値をローソクのような形状で表したもの。相場の勢いや方向などを見るために使う。>はじめてのローソク足
寄付きから上昇をした場合は白い『陽線』、下落の場合は黒い『陰線』。さらに細かく分ければいろいろな形状首吊り線や抱き線、はらみ線など、出現ポイントなどから相場の転換点などを探る事ができる。
 移動平均線
期間内での平均値を算出して線を結んだもので、短期、中期、長期など期間を変えた移動平均線を平行で見ていくことで、トレンドを見るために使う。
買いサイン 短期線が中・長期線の上に突き抜ける(ゴールデンクロス)
売りサイン 短期線が中・長期線の下に突き抜ける(デッドクロス)
 パラボリック
点線(ドットライン)で描かれた線が株価(ローソク足)に当たるかどうかを見て相場反転の時期を読み取るために使う。ドットライン=SARと言われる。
買いサイン SARがローソク足の上にある状態でローソク足にタッチ
売りサイン SARがローソク足の下にある状態でローソク足にタッチ
 ポイントアンドフィギュア
米国生まれの非時系列チャートの代表。決めた値幅の更新で○×をつけ、相場の転換点を判断するために使う。つけ方>○下降 X上昇
買いサイン 前回の高値(抵抗ライン)を越える
売りサイン 前回の安値(抵抗ライン)を越える
 ボリジャーバンド
相場のボラティリティを考慮した、相場の強弱や現在値がどのような状態にあるかどうかを見る。通常の値動きの範囲内なのか異常値帯になるのかなど。
買いサイン −σ、−2σよりも下
売りサイン 、+σ、+2σよりも上

 ストキャスティクス
「%K」「%D」の2本の折れ線。売られすぎ、買われすぎの判断に使用。
買いサイン 「%K」が「%D」を下から上抜け
売りサイン 「%K」が「%D」を上から下抜け
 RSI
現在値が0から100%のどこに位置するか。売られすぎ、買われすぎの判断に使用。
買いサイン 30%以下は売られ過ぎ
売りサイン 70%以上は買われ過ぎ
 MACD
2本の指数平滑平均線を使用してその差を表したもの。売られすぎ、買われすぎの判断に使用。MACD自体の線とシグナル線とのの2本線の状態で判断も。
買いサイン MACDがシグナル線を上抜く
0ラインを下から上に超える
売りサイン MACDがシグナル線を下抜く
0ラインを上から下に下がる
 サイコロジカル・ライン
市場心理を測る。
買いサイン 30%(25%)以下
売りサイン 70%(75%)以上

上記で説明した以外にもテクニカル分析手法があります。一目均衡表やグランビルの法則などはパターン分析、エリオット波動などはサイクル分析などと言われています。これらは数値ではなく各々の波動や基準点などから相対関係を分析することで、売買タイミングや当面の目標株価や抵抗ラインなども見ていくことのできるものです。それぞれ、独自の見方や計算方法があり、理解するには時間がかかります。
結果から言えば、万能ではありません。
 テクニカルの売買シグナルにはだましもある
売買シグナルが出たから100%信用するというのは、おすすめしません。テクニカルにはだましと言われるシグナルがあります。これは、テクニカル分析手法によって相場の状況に対しての向き不向きがあるからです。
オシレーター系のテクニカルはボックス相場向きと言われています。ボックス相場というのは、ある価格帯を上限下限として一定範囲内で上下する相場です。また、ゆるやかな動きの相場であれば比較的信頼度が高いとも言われます。反対に急騰急落、また調整がなく上昇や反発なしの下落の際は、シグナルが付きっぱなしの状況となります。
ですので、売買シグナルでの売買の際には自分自身で損切りラインを設けておくことが重要になります。買われすぎで売りシグナルが出たので売りポジションを取って、さらに上昇しても売りシグナル継続でポジションを整理しなかったという話も聞きますが、短期的にはシグナルが出ても関係なく上昇を続ける場合もあります。自分の考えているパターンが崩れたら手仕舞うことで損失は限定的になりますので、シグナルを信用しすぎない事、また、1つのテクニカル手法にこだわり過ぎずに、いくつかを組み合わせて使うことで、相場に合った手法を見つけることが出来るはずです。
 まずは、テクニカル分析のシグナルを覚える
このテクニカルでは、この数値になったら、こういう位置になったら、買いシグナル・売りシグナルだという事をまずは覚えます。その上で、実際の取引中にそのシグナルは正確な売買サインとなっているのかどうかを確認します。
また、過去のデータを見て、売買シグナルが機能していたのかどうかも見ていきます。・・・実は、これを繰り返すだけでも、かなりチャートの見方をマスターできます。マスターするという事は、いろんな応用が利くという事でもあるので、実際の取引中でも現在の状況を瞬時に判断して適したテクニカルを確認→売買注文を出すという事も可能になります。まずは見慣れるという事を頭において下さい。
あとは、ニュースや様々なサイトを参考にしてみて下さい。多くの人が使っているテクニカル手法=その手法で売買サインが出れば多くの人が売買を仕掛けるという事ですので、今多くの人に支持されているテクニカル手法を探ってみるのもテクニカルの利用法の1つです。
投資にテクニカル分析は必要か?独自の売買手法を使っている方もいて、必要ないという方ももちろんいるはずですが、私自身の売買を考えた場合は、テクニカル分析は必要なものだと言えます。売買タイミングを見る上で、必ずチェックをしていると言っても良い位です。
吹き値や急落途中で買いたくはないので、瞬間情報しかわからない板情報は、同銘柄をずっとチェックしている時以外は、重要度が下がります。1ティック・2ティックなどの小さな値幅取りなら板情報で十分ですが、節目節目での売買を考えているのなら板情報だけでは不足だと思いますので、現在は必要の無い方も勉強だけはしておくと良いと思います。
商品先物も株式投資もテクニカルの見方は同じです。ちょっと独特の手法などはあるかもしれませんが、同じテクニカルで見方が変わるということはありません。ですので、テクニカルの勉強というのは、これから投資を始めたいと思っている方なら共通して勉強していただいて、いろんな方面で活かしていく事が可能です。何の取引をするか決まってないけど、いづれ投資をしたいと考えている人なら、テクニカルの勉強をまずはしてみて下さい。
 サイト内テクニカル分析関連ページ
はじめてのテクニカル分析↑TOP(上)へ
-当サイト利用によるトラブルや損害について一切の責任を負いかねます。ご利用の際は、必ず該当サイトで確認を-