はじめての株式投資  関連株とセクター分類 内需関連株や輸出関連株ってどんな株? セクター株って?
ノミでもわかる株入門
関連株とセクター株分類
ニュースなどでたびたび『○○関連株が物色され』『○○セクターが軟調』などという言葉を聞く機会があると思います。この関連株やセクター株は全く異なる銘柄を無作為に集めている訳ではなく、同じ株価の変動材料を持つものや同業種をまとめて呼んでいるため、同じような株価形成をする場合も多くあります。ここでは、関連株やセクター株にはどんなものがあるかを見ていきます。
よく使われる使用法で見ると、セクター株は業種別、関連株はさらに広い分類をする場合に使われる区分となっています。ただ、セクター株と違い関連株は広く流用できる言葉のため、セクターの代わりに同様の意味で関連株と業種の後につけることもあれば、流行や話題、例えばワールドカップなど関係している銘柄をまとめてワールドカップ関連株と呼ぶこともあります。自分がどう厳密に区分するかについては、あまり気にする必要はありません。ニュースなどで出てきた場合に、関連株やセクター株などの話題をみて『今はこんな銘柄が買われているのか』などを理解できれば良いと思います。
業種=セクターと覚えておけばOK。33種の中分類を通常「業種」と使います。
 33業種
水産・農林業、鉱業、建設業、食料品、繊維製品、パルプ・紙、化学、医薬品、石油・石炭製品、ゴム製品、ガラス・土石製品、鉄鋼、非鉄金属、金属製品、機械、電気機器、輸送用機器、精密機器、その他製品、電気・ガス業、陸運業、海運業、空運業、倉庫・運輸関連業、情報・通信業、卸売業、小売業、銀行業、証券・商品先物取引業、保険業、その他金融業、不動産業、サービス業
※日経平均の場合は日経業種分類(中分類)の36業種の中から銘柄選別等をしています。株価・225銘柄?日経平均?を参考に。
関連株は広く使われる言葉ですが、その中でもよく使われるものをピックアップしてみると内需関連株、外需関連株・輸出関連株、消費関連株、金利敏感株、景気循環株、ディフェンシブ株、商品市況関連株、資源株、中国関連株など。また、ハイテク関連株、ワンセグ関連株、バイオ関連株、半導体関連株なども上記の用語より狭義の使い方ながら、よく目にする言葉だと思います。関連株という言葉は、ここからここまでの区切りはこの関連株と明確に区分というより、もっと大まかな区分の印象を受けますね。
関連株チェックの仕方としては、該当業種を覚えておくことと、あとは、個別銘柄を覚えていくことです。個別銘柄といっても、上場しているすべての銘柄を把握しきれませんので、ニュースなどで『○○関連が軟調で「○○:銘柄」が売られた』と書かれていたら、ノートにチェックしておくなどで対応しましょう。
自分の普段売買している銘柄はもちろんのこと、日経平均に影響が大きい銘柄などもチェックしておく事が必要です。影響が大きい銘柄を『日経インパクト銘柄』と呼んだりもしますが、これが軟調でも堅調でも市場が引っ張られ、自分の持っている銘柄も影響を受ける可能性もでてきます。同じ関連株ならなおさらですよね。
どの企業がどんな業種に分類されているかはYahoo!ファイナンスの企業情報などで確認ができます。大まかに業種ごとの内容といくつか企業名を挙げて見ていきます。
業種 中身
1 水産・農林業 水産品や食品加工、種苗、種菌(きのこ)
サカタのタネ、ニチロ、ホクト
2 鉱業 原油・ガス生産、石炭、鉱山やガス田開発
住友石炭鉱業、国際石油開発帝石ホールディングス、石油資源開発
3 建設業 建設、電気通信工事、プラント
長谷工コーポレーション、五洋建設、大林組
4 食料品 製粉、飼料、ペットフード、精糖、乳業
日清製粉グループ本社、ユニ・チャーム ペットケア、明治製菓
5 繊維製品 繊維、綿紡、毛織、産業資材
グンゼ、東洋紡、帝人
6 パルプ・紙 板紙、特殊紙、製紙、包装資材
東海パルプ、王子製紙、大王製紙
7 化学 特殊化学品育成、有機合成技術、化学薬品
旭化成、住友化学、資生堂
8 医薬品 製薬、大衆薬、漢方薬、後発医薬品
協和発酵工業、武田薬品工業、ツムラ
9 石油・石炭製品 石油精製・販売
昭和シェル石油、AOCホールディングス、新日本石油
10 ゴム製品 タイヤ、ゴム製品、自動車用ホース
ブリヂストン、横浜ゴム、住友ゴム工業
11 ガラス・土石製品 ガラス繊維、ガラス、コンクリート2次製品
日東紡、旭硝子、日本ゼニスパイプ
12 鉄鋼 粗鋼、鉄鋼、特殊鋼・鋳鍛造
日新製鋼、住友金属工業、神戸製鋼所
13 非鉄金属 貴金属類の精金、セメント、銅、加工、アルミ
住友金属鉱山、中外鉱業、日本軽金属
14 金属製品 建設資材、鉄骨、橋梁
SUMCO、三和シヤッター工業、ノーリツ
15 機械 環境保全装置、工作機械、産業用機械
コマツ、ダイキン工業、蛇の目ミシン工業
16 電気機器 総合電機、電源装置、半導体、液晶製造
アドバンテスト、三菱電機、キヤノン
17 輸送用機器 自動車、車両組立、自動車部品
トヨタ自動車、アイシン精機、デンソー
18 精密機器 医療機器、レーザー光学機器、カメラ、眼鏡
テルモ、島津製作所、ペンタックス
19 その他製品 玩具、印刷
バンダイナムコホールディングス、大日本印刷、ヨネックス
20 電気・ガス業 電力、ガス
東京電力、東京ガス、ファーストエスコ
21 陸運業 鉄道、電鉄、引っ越し、宅配便
東日本旅客鉄道、西日本旅客鉄道、東海旅客鉄道
22 海運業 郵船、海運、汽船
日本郵船、川崎汽船、商船三井
23 空運業 空輸、航空
全日本空輸、日本航空、パスコ
24 倉庫・運輸関連業 倉庫、港湾運送、物流
三菱倉庫、東京汽船、軽貨急配
25 情報・通信業 ソフト開発、コンテンツ開発、システム開発
ビービーネット、アドミラルシステム、ファンダンゴ
26 卸売業 卸売
ソフトバンク、ネクストコム、アップルインターナショナル
27 小売業 小売
ローソン、ベクター、カネ美食品
28 銀行業 都銀、地銀
日本銀行、三菱UFJフィナンシャル・グループ、静岡銀行
29 証券・商品先物取引業 証券、商品取引
野村ホールディングス、イー・トレード証券、エース交易
30 保険業 火災保険、生命保険
ウェブクルー、アリコジャパン、日本生命保険
31 その他金融業 証券金融、リース、消費者金融
日本証券金融、プロミス、ニッシン債権回収
32 不動産業 不動産
パーク24、三井不動産、三菱地所
33 サービス業 人材派遣、コンサルタント、ネット広告
パソナテック、アセット・マネジャーズ、カカクコム

説明文で読むより、実際にどんな企業があるかどうか見てみた方がわかりやすいかもしれません。自分の予算で売買が可能なところを調べておいて、例えば『非鉄が上値を追う展開』などのニュースを目にしたら、非鉄セクターをチェックしてみるとか、そんな使い方が便利だと思います。証券会社の銘柄登録機能を使っても良いし、ネットトレードが苦手な方は、ノートにチェックしておいても良いと思います。
実際に○○関連株はこの業種とズバリ分けるのは難しいです。人によって分類の仕方が違ったり、銘柄によって(業務内容など多岐に渡る企業は特に)いろんな関連株の中に入ったりしています。一般的な分類なので、自分のいいなと思っている銘柄が、どのようなニュースで取り上げられて、どんな時に上昇しているかをノートにメモしておきましょう。
内需関連株 事業基盤が国内にある企業、海外の景気などの影響を受けにくい企業
卸売業,小売業,銀行業,証券・商品先物取引業,その他金融業,建設業
輸出関連株 海外向け輸出をしている企業
輸送用機器
消費関連株 消費者向けの事業をしている企業
小売業,サービス業
金利敏感株 借入金比率が高い業種、企業
電気・ガス業
景気循環株 景気が良くなればなる程売り上げに繋がる受注が増加する企業
鉄鋼,パルプ・紙,化学
ディフェンシブ株 景気動向に左右されない企業、不況の際も強い企業
食料品,医薬品
商品市況関連株 商品市場の影響を大きく受ける企業
石油・石炭製品,ゴム製品,非鉄金属,(食料品)
資源株 資源の採掘や精製、販売などに関わっている企業
石油・石炭製品,鉱業,非鉄金属,ガラス・土石製品
中国関連株 中国での売り上げ割合の大きな企業
建設機械,非鉄金属

 株初心者のための投資のヒント
最初は銘柄もなかなか覚えられないと思いますが、多分主な銘柄(よく話題に出るような)については主要株からボロ株まで、多分1ヶ月ほどでなんとなくは覚えられると思います。また、1年ひとサイクル通過すると、もっと良く銘柄や関連株の特徴が見えてくるはずです。時期になると、シーズンストック銘柄がピンときたり、為替が動けばこの関連株、商品市況が動けばあの銘柄など、自然と銘柄チェックができるようになっているはずです。最初から覚える事はまず無理ですので、自分のスクリーニングなどでのピックアップ銘柄などからチェックしてみて下さい。
ただし、株価は変動要因によって決まった方角へ行かない場合も多々あります。この関連株だからと全部業種をまとめて考えずに、株価が動く材料の1つとして考えてください。変動要因については詳細ページを今週中にUP予定ですので、そちらもチェックを。
 サイト内関連ページ
株価変動要因については上記を参考に。このページはニュースで『○○関連株』と出たときに、どんな業種か参考にするために作成しています。
関連株とセクター株↑TOP(上)へ
-当サイト利用によるトラブルや損害について一切の責任を負いかねます。ご利用の際は、必ず該当サイトで確認を-