株取引用語集 株取引に必要な株式用語集をチェック!
ノミでもわかる株入門
株用語集[は]

 配当落ち
配当を受ける権利がなくなること。配当の権利付き最終日の翌日が配当落ち日になる。

 売買代金
株価×株数で実際に取引にかかる資金。

 売買単位
取引に必要な最低単位の株数のこと。銘柄によって一定ではなく1株や1000株など企業によってそれぞれ定められている。

 売買高
売買された株数のこと。出来高とも呼ぶ。

 始値
9:00からの取引開始後一番始めに寄付いた金額のこと。

 バスケット取引
様々な銘柄をまとめて取引を行うこと。昼に大きくバスケット取引されたものは後場市場に出回ったりします。そのため、昼のバスケットは後場にも影響するとも言われ、動向を見守っている人も少なくない状況です。

 発行済み株式
会社がすでに発行を完了している株式のこと。

 初値
上場時に初めてつけた値段のこと。

 バランスシート
B/Sのこと。資産=資本+負債。企業の財政状態を見るために使われる貸借対照表のことです。
>>>詳細:貸借対照表(B/S)を分析する

 バリュー投資
PBR・PERが低い株や高配当の株に投資をする方法。

 ハンセン指数
香港市場の代表的な株価指数。ハンセン指数サービス社が提供しています。

 反対売買
信用取引での買い玉・売り玉などの返済のこと。買い建ての場合は売り決済・売り建ての場合は買い決済のこと。

 反発
下げていた株価が上昇すること。

 反落
上昇していた株価が下落すること。

株用語集『は』↑TOP(上)へ
-当サイト利用によるトラブルや損害について一切の責任を負いかねます。ご利用の際は、必ず該当サイトで確認を-