株取引用語集 株取引に必要な株式用語集をチェック!
ノミでもわかる株入門
株用語集[し]
 地合い
相場の雰囲気や状況の事を呼びます。地合いが悪すぎて、上がる株が上がらない-などと使ったりします。

 シーズンストック
季節要因で株価に影響がある銘柄のことを広く、シーズンストックと呼んでいます。
夏:ビール・清涼飲料・クーラー
冬:暖房器具
などなど。銘柄によっては1年で決まった動きをしているところもあります。

 塩漬け
上がると思っていた株が下落したため、やむなく上昇するまで保有状態になってしまう事。長期保有で将来的に上昇すればいいですが、長く資金を眠らせておく事になるので、資金に余裕がある場合以外はあまりこの状態でいることはありません。
例:100万の株
・40万に下落して保有しているが売却すると損失が出てしまう為保有し続ける(なかなか上昇しない株の場合がほとんどです)=塩漬け
ほとんどの場合、かなりの下落予測を出した場合は早いうちに一旦損切りをして、下で拾い直す方が精神的にも資金的にも余裕ができます。(自分の場合ですけど)

 時価総額
株価×発行済み株式数=時価総額
個別銘柄でも使いますし、市場全体の数字を見る場合にも使われます。日経新聞なんかにも掲載されてます。

 時間外取引
通常の市場の売買時間(9:00〜15:00)以外の時間での取引の事を言います。
・8:20〜9:00
・11:00〜12:30
・15:00〜16:30
上記の時間帯で行われます。ToSTNeT1というシステムを使って行われています。お昼のバスケット取引などもここで取引されますが、後場への影響も少なからずあります。買い越しが多ければ、後場は上昇。売り越しが多ければ下落など。(ただ、これだけで決められるものではないので、判断の1つとして覚えておきましょう)
バスケット取引:いろんな銘柄をひっくるめてまとめて売買することを言います。

 資金洗浄
マネーローンダリング。
不正で得た資金を隠し、口座移動などで資金の出所などを分からなくすることを言います。

 自己売買
証券会社などが自己資金でディーリングを行う事を自己売買と言います。私たちが証券会社に依頼して売買を行うのは委託売買になります。

 シコリ
予測と違う方向に株価が動いた為、売買のタイミングを失って身動きが取れなくなっている状態のことを言います。信用取引では新たに売買する際に、玉を建てると言います。その為、このような玉のことを『しこり玉』と呼びます。
「これから株価上昇に向かうかな?」
「うーん、しこり玉が多いからね。こなしてくの大変そう」

 下値支持線
株価変動の際の下値のラインの事を言います。下値指示線が目先の底値となり、株価が下落してもココで反発する・買いが入るの目安となるところです。

 自社株買い
発行済みの自社の株を自社で買い戻す事を言います。株価の下支えや上昇、また、1株当たりの配当なども自社株買い分は差し引きされるので増える事になります。現在は、自社株買いをすすめている企業も多くなり、株主利益という点でも評価されています。

 仕手株
株の売買判断になる材料が全く関係なく株価が推移する銘柄の事を言います。通常安価な時に玉集めをしていて、突然株価の暴騰を引き起こします。この暴騰のことを「ふく」「ふいた」と呼びます。また、急騰の前に合図のような出来高増加があったりする事などから「のろしが上がってる」という場合もあります。
何も知らないで参加すると高値で掴まされてどうにもならなくなるので、初心者の方や自信のない方にはおすすめしません。ハイリスクハイリターン銘柄です。

 ジャスダック JASDAQ
Japan Securities Dealers Association Quotation Systemから由来してます。「オークション方式」と「マーケットメイク方式」の取引方法を採用しています。

 ジャスダック株価指数
ジャスダックの上場株式の全銘柄が対象になります。すべての銘柄の株価を指数化したものです。

 主幹事会社
会社の株式など(有価証券)の発行を引き受ける会社のことを幹事会社と言い、幹事会社が複数ある際はその中でも取引が多い会社を主幹事会社と言います。知らない方は、新規上場の会社の案内が証券会社から届いたらメールの内容やサイト情報を確認してみて下さい。必ず、幹事会社・主幹事会社に証券会社の名前が連なっていると思います。

 順張り
相場が高くなる>>買い
相場が安くなる>>売り
のスタンスのことを言います。これの逆が逆張りになります。

 証券金融会社
信用取引の際に証券会社で不足株の貸付などを行っています。

 出世株
大幅に株価がUPした銘柄のことを言います。

 主力株
人気・流動性ともに文句ない人気株で、市場の牽引役となる銘柄のことを言います。

 ショートポジション
売りポジションの事。空売りの状態で株保有をしている状態。
【反対】ロングポジション

 新興市場
・ジャスダック(ジャスダック)
・マザーズ(東証)
・ヘラクレス(大証)
・セントレックス(名証)
・QーBoard(福証)
・アンビシャス(札証)
市場の規模は小さいながら、将来成長の可能性がある企業が上場している市場の事を言います。

 信用取引
証拠金取引によるレバレッジ取引です。証拠金(担保株)を預ける事で、自分の資金以上の取引が可能になる事を言います。
信用取引の場合は、決められた期間内に反対売買による決済をする必要がありますが、取引開始時には『売り』からも『買い』からも市場取引に参加が可能です。よく株価が下がると『カラ売りされて下がってるんだ』と言う方がいますが、すべての銘柄で信用取引ができるわけでないので、必ず確認しましょう。
関連ページ:はじめての信用取引信用取組みで見る株価の思惑?信用指標で市場心理を読む

株用語集『し』↑TOP(上)へ
-当サイト利用によるトラブルや損害について一切の責任を負いかねます。ご利用の際は、必ず該当サイトで確認を-