株取引用語集 株取引に必要な株式用語集をチェック!
ノミでもわかる株入門
株用語集[た]
 第三者割当増資
特定の第三者に「新株引受権」を付与して、新株を発行して増資を引き受けて貰うこと。通常、業務提携を強化するためや、資金を調達するためだどに使われる。増資相手は、資金力のある取引先や、金融機関、役員、従業員を対象に行うことが多い。

 貸借対照表
企業の資産、負債などの財務状況が記載されている表。左側は資産、右側は負債、資本で構成されていて、必ず左右の合計は同じになる。これから、企業がどれだけお金があって、借金があるかなどが分かる。
詳細:貸借対照表(B/S)を分析する

 貸借取引
信用取引の場合、証券会社が自己の顧客に融資もしくは株券を貸し付けて株取引を行ます。しかし、証券会社の手持ち分だけで足りなくなると、証券金融会社から借りてくることになります。この証券会社と、証券金融会社の取引を貸借取引といいます。

 貸借銘柄
証券会社が、投資家に資金・株券を貸すことのできる銘柄のことです。銘柄については、証券取引所、及び証券金融会社が定める基準により選定されています。

 貸借倍率
貸借取引における、融資残高と貸し株の比率のことです。
詳細:信用取組みで見る株価の思惑?

 大証
大阪証券取引所の略称。

 大納会
証券取引所での年末最後の取引日。通常12月30日ですが、休日と重なる場合はその前日。
関連:困った時のFAQ集 取引時間と期間

 大発会
証券取引所での年始最初の取引日。通常1月4日だが、休日と重なる場合はその翌日。
関連:困った時のFAQ集 取引時間と期間

 代用有価証券
信用取引をする場合、必ず委託保証金(担保)が必要になります。委託保証金を現金ではなく、現物で持っている株券を現金の代わりとして代用することができる。ただし、代用有価証券は、当然のことですが価格変動しますので、株価に一定の率を掛けて、担保価値を計算します。

 大量保有報告書
上場企業の株式の保有者で、発行済株式数の5%以上を保有している場合は、保有した日から5日以内に内閣総理大臣に大量保有報告書を提出しなければなりません。

 ダウ工業株30種平均
一般的には、NY(ニューヨーク)ダウと呼ばれています。ダウ・ジョーズ社が公表しているNY証券取引所・NASDAQの代表銘柄30種の平均株価です。NYダウは世界の証券取引所にも多大な影響を与えるほどの重要な指標です。

 高値
ある一定期間(日足、週足など)の中で、最も高い金額で取引された株価。

 高値おぼえ
相場が下降トレンドに転換したにもかかわらず、以前の高値が忘れらないで株価がその水準まで戻ると思い込んでしまうこと。

 高値警戒
株価が急上昇した後に、投資家が買い控えをしたり、利益確定売りをする水準のこと。

 高値引け
終値が、その日の取引の中で、1番の高値をつけること。強い上昇エネルギーがあると考えられる。

 立会外取引
東京証券取引所でいえば、電子取引ネットワークToSTNeTを利用して行われる時間外取引のこと。場中の株価の行方を左右することもしばしばあります。時間外取引が、売り優勢なら株安になり、買い優勢なら株高になります。

 立会外分売
立会外で、大量の売り注文を処理する売買方法です。

 建玉
信用取引、先物取引などで、反対売買を行っていない数量のこと。信用取引において、買いから入る場合を買い建て、売りからはいる場合を売り建てといいます。

 単元株制度
証券取引所において、一定量の株式を1単元とする制度。1単元が1,000株であれば、投資家1,000株単位でしか取引ができない。

 担保掛け目
代用有価証券の担保価値を計算する比率。現金を100%とすると、必ずそれよりも低くなります。

株用語集『た』↑TOP(上)へ
-当サイト利用によるトラブルや損害について一切の責任を負いかねます。ご利用の際は、必ず該当サイトで確認を-