株取引用語集 株取引に必要な株式用語集をチェック!
株用語集[う]
 上放れ(うえはなたれ)
株価が一気に上昇していくことを言います。

 薄商い(うすあきない)
売買出来高が少ない状態のことを言います。似たような表現で『様子見』などの言葉も使われます。

 埋める(うめる)
いろんな場面で使われる言葉です。信用取引の決済・チャートなどで窓を空けて(いきなり)の上昇・下落の場合、そのいきなり上下した分のすっぽりロウソクがない部分を『埋める』動きが出る場合が多く有ります。その際に『窓を埋める』という表現を使います。

 売り一巡(うりいちじゅん)
短期的に見て、目先の売り物が出きった状態の事を言います。

 売りあおり・売り浴びせ
意図的に株価を下げる為に、大量の売りを入れたりすること。掲示板などでの発言に対しても使われます。『売り』の書き込みを連発すると、『売りあおりばかり』などと言われたりします。
関連用語:買いあおり=意図的に株価を上げる為に、大量の買いを入れたりすること

 売り気配(うりけはい)
売りばかり注文が多く、買い手がつかない状態の際に使われる言葉です。
関連用語:買い気配=買いばかり注文が多く、売り手が現れない状態のこと

 売り崩し(うりくずし)
大量の売りが出て値段が下落することを言います。

 売り越し(うりこし)
取引された売買のうち、売りの方が買いより上まわっている状態。
関連用語:買い越し=取引された売買のうち、買いの方が売りより上まわっている状態

 売り残(うりざん)
信用取引の売りの建て玉の未決済分の残りのことを言います。
関連用語:買い残=信用取引の買いの建て玉の未決済分の残りのこと
関連ページ:はじめての信用取引信用取組みで見る株価の思惑?

 上値抵抗線(うわねていこうせん)
株価が上昇してもある一定の価格までくると、そこが天井となり反転下落になってしまう価格帯。

株用語集『う』↑TOP(上)へ
-当サイト利用によるトラブルや損害について一切の責任を負いかねます。ご利用の際は、必ず該当サイトで確認を-