株取引Q&A 株取引売買トラブルについて 株入門株式投資Q&A集
ノミでもわかる株入門
株取引Q&A 『株式売買トラブル』
株式売買ルールの質問集です
実際に株式の売買で困りそうなことについての話題を集めています。
 株式売買トラブルQ&A
  • 資金余力は足りていますか?
  • 売買単位を間違えていませんか?
  • 買い気配・売り気配で比例配分となっていませんか?
  • 即金規制はかかっていませんか?
  • 管理ポスト・整理ポストに入っている銘柄ではないですか?
  • 差金決済になっていませんか?
  • 分割後の子株であれば、保有株式に反映されていますか?
  • 前の注文が約定していますか?それともキャンセルなどの処理は済んでいますか?
  • 成行注文をしようとしていませんか?
  • 売買のボタンを間違えていませんか?
  • ネット接続は切れていませんか?
 ┣資金余力は足りていますか?
振込み入金などでの資金反映はされていますか?リアルタイム入金でない場合、口座資金反映までに時間がかかる場合がほとんどです。資金余力を確認してみましょう。
 ┣売買単位を間違えていませんか?
たとえば、1000円の株であっても株の購入の際の売買単位は100株や1000株などになっている場合がほとんどです。そのような場合は手持ちの資金が1000円あっても購入できません。1000円×売買単位株数で購入資金があるかどうか、確認しましょう。
 ┣買い気配・売り気配で比例配分となっていませんか?
買い気配・売り気配の場合は、どちらか一方の注文が殺到している状態です。そのため、売買は抽選になってしまいます。売りたい人と買いたい人が同じくらいでなければ、取引は成立しません。売買注文が未成立であれば、抽選もれということになります。
 ┣即金規制はかかっていませんか?
即金規制銘柄の場合、仮に保有株を売却しても売却代金をそのまますぐに購入代金に回す事ができません。現金として手元に置く為には3営業日後まで待たないといけません。3営業日後には、購入できるようになっていると思います。(資金をそのまま購入代金分おいておけば)
ただし、証券会社によっては即金規制銘柄の売買はできないところもありますので、口座開設をしている証券会社のサイトを参考に。
 ┣監理ポスト・整理ポストに入っている銘柄ではないですか?
証券会社によっては管理ポスト・整理ポスト銘柄の売買はできないところもあります。口座開設をしている証券会社のサイトを確認して下さい。
サイト内説明ページ>上場廃止?管理ポストと整理ポスト?
 ┣差金決済になっていませんか?
差金決済は、法令で禁止されています。 通常、現物売買の際には『同銘柄の取引は1日に同資金で売買を繰り返せない』というルールがあります。差金決済になりそうな場合は、証券会社で売買注文ができなくなっているはずです。
サイト内説明ページ>株式売買ルール
 ┣分割後の子株であれば、保有株式に反映されていますか?
権利付き最終日の翌営業日が分割の効力発生日となりますが、証券会社によって反映日や時間などずれがあります。口座開設証券会社のFAQを見てみてください。
 ┣決算銘柄の売買をしていませんか?
受渡日が約定日から4営業日後になるなど、通常の現物株の売買とは違っています。証券会社によってルール設定が異なるので、口座開設証券会社のFAQを見てみてください。必ず注意が掲載されているはずです。
約定日も含めて5営業日が「受渡日」となっているところが、ほとんどだと思います。
 ┣前注文が約定していますか?キャンセル処理等は済んでいますか?
遅延などの場合もありますが、約定しているつもりが注文の約定が無く、そもそも必要のない決済をしようとしている場合があります。また、少し前の売買注文をキャンセルしている場合は、キャンセルの処理が終了しているか確認して下さい。
 ┣成行注文をしようとしていませんか?
証券会社にもよりますが、成行で値幅制限までの資金余力がなければ、成行買い注文は出せません。指値注文なら入るはずです。
 ┣売買のボタンを間違えていませんか?
株式の購入をしようとしているのに、売却を選択していませんか?
 ┣ネット接続は切れていませんか?
インターネット接続が切れていないか確認して下さい。
特別買い気配や特別売り気配など、どちらかの注文が一方的に多い場合、株価は板寄せで決まります。そのため、最初の寄付きがあるまでは、株価の約定数値というのは存在しないので表示されません。寄り付けば、ちゃんと表示されるはずです。
すべての株価情報が表示されていない場合は、上場廃止(合併)など疑ってみてください。また、原因が見当たらない・すべての株価が表示されない場合は『証券会社のサーバが落ちている』『自分のPC接続が上手くいかない』どちらかを確認する必要があります。
指値の注文タイミングによっては、有利な価格での約定金額になる事があります。例えば、10万円で売り注文を出したところ板が上がって10万1千円での約定通知が来たなど。指値注文は『絶対この価格で約定を』というより、『この価格以上(以下)で売買したいという注文』で、自分の指値より有利な価格で約定することもあると覚えてください。
マーケットメイク銘柄で成行注文ができないからです。
ある程度の株数を指値で売り並び・買い並びをしている場合、大きい株数が出てこなければ、自分の希望する株数をいっぺんに約定することは難しいです。そのため、例えば1000株注文が100株ずつの10回約定などで来る事になります。約定通知も同じ状態になります。
 サイト内関連ページ

-当サイト利用によるトラブルや損害について一切の責任を負いかねます。ご利用の際は、必ず該当サイトで確認を-