株投資カレンダー 2006年3月 株価の動きをチェック!
ノミでもわかる株入門
2006年3月 株投資カレンダー
 第1週
日付/曜日 /月 /火 1/水 2/木 3/金
NYダウ -104.14 +60.12 -28.02
ナスダック -25.79 +33.25 -3.53
外資経由 売り越し 売り越し 売り越し
前場 15970.81
(▲234.62)
16013.39
(+48.93)
15773.48
(▲136.28)
昼バスケ 均衡 買い優勢 買い優勢
後場前 買い越し 買い越し 売り越し
後場 15964
(▲240)
15909.76
(▲54.70)
15663.34
(▲246.42)
売買代金 2.5568兆 2.2719兆 2.1918兆
出来高 21.0億 17.9億 17.3億
日付/曜日 6/月 7/火 8/水 9/木 10/金
NYダウ -3.92 -63.00 +22.10 +25.05 -33.46
ナスダック -8.51 -16.57 -17.65 -0.92 -17.74
外資経由 買い越し 買い越し 売り越し 売り越し 売り越し
前場 15795.14
(+131.80)
15763.48
(▲137.68)
15655.75
(▲70.27)
15975.39
(+347.90)
16195.46
(+158.55)
昼バスケ 均衡 売り優勢 売り優勢 売り優勢 均衡
後場前 買い越し 売り越し 売り越し 買い越し 買い越し
後場 15901.16
(+237.82)
15726.02
(▲175.14)
15627.49
(▲98.53)
16036.91
(+409.42)
16115.63
(+78.72)
売買代金 2.2210兆 2.2480兆 2.3270兆 2.4843兆 3.7203兆
出来高 15.7億 16.4億 17.3億 18.2億 24.4億
日付/曜日 13/月 14/火 15/水 16/木 17/金
NYダウ +104.06 -0.32 +75.32 +58.43 +43.47
ナスダック +12.32 +4.99 +28.87 +15.94 -12.28
外資経由 買い越し 買い越し 買い越し 売り越し 売り越し
前場 16334.08
(+218.45)
16380.12
(+18.61)
16316.86
(+78.50)
16198.28
(▲120.76)
16172.74
(+76.53)
昼バスケ 均衡 売り優勢 売り優勢 売り優勢 買い優勢
後場前 買い越し 売り越し 売り越し 売り越し 買い越し
後場前 16361.51
(+245.88)
16238.36
(▲123.15)
16319.04
(+80.68)
16096.21
(▲222.83)
16339.73
(+243.52)
売買代金 2.1093兆 2.0858兆 2.0085兆 2.2953兆 2.0944兆
出来高 16.1億 15.6億 16.0億 17.7億 15.3億
日付/曜日 20/月 21/火 22/水 23/木 24/金
NYダウ +26.41 -5.12 -39.06 +81.96 -47.14
ナスダック +6.92 +7.63 -19.88 +9.12 -3.20
寄り前
外資経由
買い越し (休) 買い越し 買い越し 均衡
前場 16574.59
(+234.86)
(休) 16500.58
(▲124.22)
16619.29
(+123.81)
16495.79
(+6.42)
昼バスケ 均衡 (休) 売り優勢 買い優勢 均衡
後場前 売り越し (休) 売り越し 買い越し 売り越し
後場 16323.62
(+285.07)
(休) 16375.25
(▲129.32)
16409.11
(▲6.11)
16560.87
(+71.50)
売買代金 2.1237兆 (休) 2.4988兆 2.1279兆 1.9291兆
出来高 16.6億 (休) 20.4億 17.7億 14.6億
日付/曜日 27/月 28/火 29/水 30/木 31/金
NYダウ +9.68 -29.86 -95.57 +61.16 -65.00
ナスダック +12.67 +2.76 -11.12 +33.32 +3.04
外資経由 買い越し 買い越し 買い越し 買い越し 買い越し
前場 11682.93
(+128.36)
16554.56
(▲95.54)
16821.29
(+131.05)
17103.96
(+165.55)
17032.98
(▲12.36)
昼バスケ 均衡 均衡 均衡 買い優勢 均衡
後場前 買い越し 買い越し 買い越し 売り越し 売り越し
後場 11650.10
(+89.23)
16,690.24
(+40.14)
16,938.41
(+248.17)
17,045.34
(+106.93)
17059.66
(+14.32)
売買代金 2.388兆 1.9887兆 2.4536兆 2.9338兆 2.4164兆
出来高 16億 16.6億 19.7億 22.2億 16.6億
 出来事
3/1 グーグルショック・中古住宅販売・消費者信頼感指数ダウン→NY大幅下落
3/2 8・9の金融政策決定会合
3/3 10日のメジャーSQ
 メモ
機関投資家3月決算売り
ジョージ・レイエス最高財務責任者がグーグルに対して慎重発言(2/28)→グーグルショック
3/01 円高推移:輸出関連中心に売られ
 コメント
3月相場スタート。『節分天井、彼岸底』と言われています。3月は調整一巡で買いも入りやすいです。出来高を伴えば、信用取組みの需給悪化も乗り越えられるかもしれません。買いのパワー次第です。
日本企業の業績も良いので、調整を乗り越えられれば一段高を目指すのでは。27日の配当権利獲得を目指す動きにも注目したいです。
 第2週
 出来事
3/06 ソフトバンクがボーダフォン日本法人買収
3/09 量的緩和解除発表(日銀):景気回復の好材料として買われる
    自立反発+上記発表好感
    モルガンスタンレーが行政処分
3/10 1月機械受注統計:市場予測 -5.1% > 発表 -6.2%
 メモ
3/06 東証一部出来高15億株程度<活況出来高目安20億株
    (売買代金の活況は2兆円)
政府:量的緩和解除消極的
日銀:量的緩和解除積極的
23日ごろに公示地価発表で不動産関連もチェック
メジャーSQのロールオーバーが進んでいないという情報も入ってきたが、その後ロールオーバーが進んでいるとの情報。無事通過。
外資系証券18,000円〜20,000円のコールオプション買い動向あり
ヘッジファンドの買戻し観測
ソフトバンクの平均買いコスト4000円前半の信用買い残約6500万株
信託銀行経由の注文がずっと売り越し
量的緩和解除については市場おりこみと言われていましたが、政府が日銀牽制の発言で迷走。様子見に。
出来高がぱっとしないのが気になるところ。
 コメント
3/10 メジャーSQの影響で出来高は膨れてます。
 第3週
 出来事
3/14 ライブドア ライブドアM 上場廃止決定 本日より整理ポスト入り
    (※上場廃止?管理ポストと整理ポスト?を参考に)
    上場廃止日は管理ポスト→整理ポスト入り1ヵ月後
3/16 四季報発売日 発売前日は様子見?
 メモ
23日ごろに公示地価発表>>プラスなら脱デフレ期待
今週の売買代金は低水準
3/21 米国2月卸売物価指数
3/23 2月貿易収支
3月期末の配当の権利付き最終売買日=3月27日
出来高増えない。出来高増えないから、通常は落ちないところでも落としてきたりする。ここで底固めして、この辺りから本格上昇を目指すだろうとみんなが感じるようになれば、再度高値を更新する動きにつながる。
先物より現物の価格が高い状況。裁定解消で現物売り・先物買いの動き。先物の動きにも注意。
現物も動き荒い。遅れて売買判断するなら様子見の方がましかも。
 コメント
ライブドア ライブドアM 上場廃止決定しました。
どうしても欲しい人以外は上場廃止最終日に購入してしまわないよう気をつけて下さい。
 第4週
 出来事
ジャスダックのシステム関連資料がWinnyから流出。システム委託先の日立製作所からの流出判明。
ヤフーのネット商店の経営情報などWinnyから流出。業務委託先からの流出。
 メモ
東証:2007年3月期決算=45日以内決算短信(いずれ30日以内決算短信)開示ルール
(通常企業の決算は2ヶ月以内申告)
もみじHDが山口銀行と共同持ち株会社:もみじの理論株価は27万8800円。発表前の株価は40万4000円。理論株価に寄りそう。こんなんやられたら、怒るだろう。どうやって移転比率を決めたのか?
23日は公示地価発表。不動産とりあえずチェック。
公示地価発表:3大都市商業地の15年ぶりのUP。公示地価発表前に今回はかなり売られ気味だったけど、先行きは明るいか。
3/23先物主導で下げ。
ちょっと前には「決算期特有の売りが一巡で」と言われていたが、下落すると「機関投資家の換金売りが終わってない」というコメントが続出。実際のところはわからず。とりあえずは、上値を追って這い上がっていく程の相場のパワーがないと言う事なのか?
デフレ脱却は明るい材料だと思うんだけどな。
 コメント
Winnyについては姉妹サイトのインターネット初心者ページを参考に。
(ノミでもわかるインターネット:Winny注意報!
来週から大型投信などの設定が控えているので、買い安心感が広がって出来高も増加してくること希望です。4月は上値を追うような動きになってくれるんではないかと思っているんですが、ゴールデンウイークも控えてるので、休み前はちょっと調整も考えられます。やはり出来高や売買代金の動きには注目したいところです。市場全体もそうですが、トレンドが変わる際、分岐になる時には個別銘柄でも出来高が増えている事が多いですよ。出来高多い=ホルダーの入れ替えという点に注目すると、チャートも面白くなると思います。気にした事のない方は、これからちょっと注目してみて下さいね。
とにかく、出来高増えて〜。
 第5週
 出来事
ライブドアMが社名変更→メディアイノベーション
トレンドマイクロ元社員の個人PCからも、Winny経由で情報漏れ(ウイルスバスター入っておらず)って。。。
 メモ
27日 今月末が基準日の会社の権利確定日でした。権利落ちを受けてどう動くか注目ですが、この調子だと4月入るまで様子見か?
30日 とうとう17000円を終値ベースで超えました。昨日からの出来高も増え、信託の決算売りもとうとう終わりに、買い安心。17000円を終値ベース2000/8/29以来の5年7ヶ月ぶり。今日の先物も現物も強かった。
30日 さわかみ投信とJPモルガンAM行政処分。さわかみ投信は投資顧問業法違反で4/3〜5/2まで新たな投資顧問契約の締結を禁止。JPモルガンAMは業務改善命令。
そういえば、誤発注って証券会社では頻繁に起きている事だそうですが、あまりに酷いところは、今度から証券会社名などを発表するらしいです。
 コメント
30日で5連騰です。31日は週末ということもあるので、迷いどころかもしれません。
31日は様子見だったのかなという感じ。出来高もその分減ってます。4月3日からの相場前の買い控えもあったようですが、寄付き前の注文の規模はかなり大きく、今月1番でした。利益確定や週末で押されそうな感じもしていたものの、寄付き前注文の大きさから、個人は売り越しても、何とか大丈夫かなと楽観。バスケットも売り越しというものの差がほとんどなかったので、売り越しでもそんなに気にしてませんでした。まあ、持ち株は一旦下げましたけどね。
ここの所値がさ株に売買が集中している感じで、お手ごろなみんなが買える株の値上がりは、日経の上昇にも関わらずそんなに上昇していない感もあります。最近の動向は、外国人は買い越し、個人は売り越しだったようです。この辺が、いつも安いところを外国人に持ってかれると言われる所以でしょうか。個人が積極的にまた買い始めれば、広い銘柄が上昇していくと思います。
掲載の情報は、自分がメモを取っているノート公開という形で書かれています。間違いのないように注意はしておりますが、必ず自分で情報の確認をしていただけますようお願い致します。
コメントなどはあくまでも私管理人の主観で勝手に書かれているものです。見ている方の投資判断を促すものではありません。基本的にここに書かれている事項についての質問は受け付けておりません。(用語やルールなどは別ですが「何でこう思っているか?」など。また、意見をどうぞ的な質問もご遠慮願います。意見は自由に好きな時に書かせていただきます)
 株取引資料
 ■初心者のための株情報リンク
 ■株式過去データ
 株投資カレンダー
 ■株取引備忘録
 2006年3月株投資カレンダー
 3月
 ■4月
 ■5月
 ■6月
 ■7月
 ■8月
 ■9月
 ■10月
 ■11月
 ■12月
 表の見方のヒント
 活況出来高目安20億株
 活況売買代金目安2兆円
上昇時のカラー:
下落時のカラー:
 3月取引日数総統計
 22日(祝:1日除く)
 月毎総統計(月末集計:終値)
 13日(値上がり)
 9日(値下がり)
 曜日毎統計(月末集計:終値)
 ■月曜日
 4/4 ☆
 0/4
 ■火曜日(祝1日除く)
 1/3
 2/3 ★
 ■水曜日
 2/5
 3/5 ★
 ■木曜日
 2/5
 3/5 ★
 ■金曜日
 4/5 ☆
 1/5
 週毎統計(週末集計:終値)
 ■第1週
 0/3
 3/3 ★
 ■第2週
 3/5 ☆
 2/5
 ■第3週
 3/5 ☆
 2/5
 ■第4週
 2/4 ☆
 2/4 ★
 ■第5週
 5/5 ☆
 0/5
 条件統計(月末集計:終値)
 ■前日NYダウ下落後日経
 5/22
 6/22 ★
 ■前日NYダウ上昇後日経
 8/22 ☆
 3/22
2006年3月株投資カレンダー↑TOP(上)へ
-当サイト利用によるトラブルや損害について一切の責任を負いかねます。ご利用の際は、必ず該当サイトで確認を-