はじめての証券会社 株式取引売買手数料を徹底比較! 自分の予算に合った証券会社を探そう!
ノミでもわかる株入門
売買手数料を徹底比較する
 
売買手数料とは、株式委託手数料のことを言います。株の売買をした際に発生します。
手数料の基準ですが、自分が口座を開設している証券会社によって、料金体系が異なります。売買金額や取引回数などで決められている場合がほとんどなので、自分の運用資金や取引スタイルなどで一番メリットのある証券会社を探してみましょう。
 何もわからない手探りの状態で株の運用を考えている方
株のルールを知らなければ、いきなり100万、200万円の投資をして失敗をしていまう可能性が高くなります。株主優待についてのページを見てもらえばわかると思いますが、10万円、20万円でも購入できる株は意外にあります。まずは、20万円以下の投資から始めることをおすすめします。
そして、慣れてから投資額を徐々に増やしましょう。100万円前後の投資となれば、売買手数料は1,000円前後のものもあります。
 少額運用を考えている方
決められた少額での売買手数料が無料な、丸三証券が良いのではないでしょうか。また、SBI証券・楽天証券などのネット証券も手数料が安いです。各証券会社のサイトにどのようなツールを使い株を注文するのか、体験できるかデモ画面が用意されているので参考にしてみてください。
 手数料
株を取引するためには、窓口である証券会社を通さなければ売買できませんので、当然仲介料である売買手数料が発生します。手数料には、
  • 売買手数料(株式委託手数料)
  • 口座管理料
の2つがあります。大口の株取 引であれば、手数料もさして気にならないかもしれませんが、小口取引(300万以下の取引のこと)の場合手数料は、結構な負担になります。
ネット専業証券は口座管理料が無料の場合がほとんどです。
 100,000円の株を購入して105,000円で売却=儲けは5,000円
【利益計算】 105,000円 - 100,000 = 5,000円となりますよね。
5,000円の儲けの中から、売買手数料を支払わなければなりません。
【A社手数料計算】売買手数料:5,000円 >> 5,000円-5,000円=0円
【B社手数料計算】売買手数料:3,000円 >> 5,000円-3,000円=2,000円
【C社手数料計算】売買手数料:1,000円 >> 5,000円-1,000円=4,000円
どれが得かなんて説明するまでもありませんよね。小口の株取引についての売買手数料の大事さがわかって貰えたのではないかと思います。デイトレードを考えているのであれば、ツールの使い易さ、通信回線の速さ色々な面にこだわらなければならないのでしょうが、それ以外の中期、長期で株の運用を考えているのであれば、手数料の安も重要になってくるのではないでしょうか。
 売買手数料(株式委託手数料)一覧
 キャンペーン情報
  • 丸三証券、2ヶ月間取引手数料無料!
  • マネックス証券、オリックス証券との合併を記念して 現金5000円プレゼント実施してます(2010/7/30まで)
売買手数料(1日定額) 20万円
以下
30万円
以下
50万円
以下
100万円
以下
200万
以下
松井証券
詳細
10万円まで21円 315円 525円 1,050円 2,100円
丸三証券
詳細
252円 売買代金×0.084%
5,000万以下
クリック証券
詳細
230円 300円 430円 806円 1260円
楽天証券
詳細
450円 900円 2100円
SBI証券
詳細
200円 300円 450円 800円 100万毎に420円
カブドットコム証券
詳細
500円 1050円 1,000万以下
1,890円
1,025円 1,575円 1,000万以下
2,415円
マネックス証券
詳細
成行注文の場合、約定金額の0.105%
(最低手数料税込1,050円)
指値注文の場合、約定金額の0.1575%
(最低手数料税込1,575円)

売買手数料(委託手数料)は現物取引の税込金額です。1取引(約定)ごとの税込金額です。
(成)は成行注文した時の委託手数料
(指)は指値注文した時の委託手数料
10万円以下の売買手数料(委託手数料)が安い順に並べています。
 サイト内証券会社の選び方関連ページ
売買手数料を徹底比較する↑TOP(上)へ
-当サイト利用によるトラブルや損害について一切の責任を負いかねます。ご利用の際は、必ず該当サイトで確認を-