単元未満株ってなあに?小額投資に最適な売買方法です。1株単位で取引できるので小額投資でも分散投資が可能に!
ノミでもわかる株入門
単元未満株ってなあに?
単元未満株というのをご存知ですか?その前に、単元とは株が売買できる最低取引枚数のことをいいます。通常、上場している企業が100株からしか売らないよ、1,000株からしか売らないよという具合に、企業ごとに取引できる最低株数がきめらています。なかには単元が1株のものもありまけど。
100株単位、1,000株単位となるとよほどの低位株でないと、30万とか40万とか最低でもそのくらいの資金が必要になってきます。そうなると、小額から投資を始めた場合、色々な株に分散投資してリスクを回避するということができなくなってしまいます。
たとえば、1株500円の株の単元が1,000株の場合、500円×1,000株=50万万の資金がないと買えません。
そこで、単元未満株の登場です。
単元未満株を扱っている証券会社なら、一部上場の有名企業の100株、1,000株単位の株が、なんと1株から買えてしますのです。なので、単元未満株取引を使えば、小額からでも分散投資ができてしまう上に配当も受け取れてしまうのです。かなり、すぐれものの商品だといえます。そしてなにより、単元未満株を買い増ししていって、単元株になった場合は、通常取引が可能になるのが嬉しいところです。
他にも株を始めたいけど、いきなり高額資金を投入するのはちょっとと考えている人にもおすすめですきます。小額でも自分のお金を出すのですから、安易にならずに真剣に株式投資と向きあるのではないでしょうか。ヴァーチャル取引やったことありますけど、ほんとにいい加減な取引しかできなかった記憶がありますので・・・。
 単元未満株を取り扱っている証券会社
現在単元未満株を取り扱っている証券会社を紹介します。
  • カブドットコム証券
    単元未満株のことを「プチ株」と呼んでいます。成行注文のみとなり、注文した時間により、前場の始値、後場の始値で約定します。ジャクダッスのみ、売りの場合前場の始値後場の終値、買いの場合翌営業日の始値になるます。
  • SBI証券
    単元未満株のことを「S株」と呼んでいます。SBI証券では1日に2度取引チャンスがあります。0:00〜10:30までに注文すると、当日の後場の始値に。15:30〜21:30までに注文すると、翌営業日の前場の始値に。21:30〜24:00までに注文すると、翌営業日の後場の始値に。(ジャスダックのみ1回)
  • マネックス証券
    単元未満株のことを「ワン株」と呼んでいます。取引は1日1回となります。0:00〜11:00までに注文すると当日の後場の始値に。15:30〜に注文すると、翌営業日後場の始値に。約定結果が反映されるのは15:40頃となっています。
単元未満株売買手数料比較(税込)
手数料
カブドットコム証券
≪詳細≫
約定代金2万円まで105円
以降約定代金1万円増加毎に70円加算
SBI証券
≪詳細≫
約定代金の0.525%(最低手数料52円)
マネックス証券
≪詳細≫
約定代金の0.525%(最低手数料50円)
ちなみに約定代金が2万円だった場合は、どこも105円です。
 サイト内関連ページ
 はじめての株式投資
 単元未満株ってなあに?
もっと株式について知りたい方
>>サイト内コンテンツ一覧<<
 
はじめての証券会社選び↑TOP(上)へ
-当サイト利用によるトラブルや損害について一切の責任を負いかねます。ご利用の際は、必ず該当サイトで確認を-