お得な株主優待 優待を受けるためには何が必要? 株を持っていれば必ず受けられるの?
ノミでもわかる株入門
お得な株主優待
 
まず始めに株主優待を受けるには、株を購入しなければなりません。株はどこで購入できるか。これは誰もが知っていると思いますが、証券取引所で売買されているものを証券会社を通して購入します。ですので、株を売買すれば、儲けても損をしても、証券会社に手数料を支払わなければなりません。
株を購入する方法は2種類あります。証券会社の窓口で売買するか、ネットで売買かです。窓口での場合はスタッフに相談しながら売買できるというメリットがありますが、売買手数料が少し高めに設定されている証券会社が多いです。インターネット上での取引は、売買手数料は低く抑えられる反面、相談することはできません。逆説的にに考えれば、好きな銘柄をマイペースに購入することができるということです。
株主優待だけを考えての投資であれば、インターネット上の取引をおすすめします。なぜなら、10万円前後からの小額投資になるからです。少し大げさです が、1万円の手数料を払って購入して、2,000円から5,000円前後の商品を貰っても割りに合わないと思いませんか。
 口座を開設
株を購入するには、銀行で預金口座を作るのと同じように証券会社に口座を開設しなければなりません。口座開設の手続きは、無料できます。ネット上で各証券 会社に申し込みをすれば、書類が送られてきます。氏名、住所などを記入して、ハンコを押して返信すれば完了です。証券会社によっては、本人確認ができる健 康保険証、免許証を持参して、最寄の支店に出向く必要があります。どの証券会社かを選ぶのかははじめての証券会社売買手数料を徹底比較するに詳しく書いてあるので参考にしてください。
 口座を開設の目安
およそ2週間程度(混んでいる場合もあるので心配な方は証券会社に問い合わせを)で証券会社に口座を開設されるはずです。口座に資金を入金して初めて株式投資が可能になります。開設後は、入金したお金を限度額に株を購入できるようになります。
購入したい銘柄を決めたら、いよいよ証券会社に注文を出します。株は買いたいからといってすぐ購入できるものではないのです。あくまでも、売りたい人、購 入したい人との間で値段の折り合いがついて初めて購入ができるのです。
 注文方法
株を購入するためにだす注文方法は、成行注文と、指値注文の2種類あります。それぞれに、メリットがありデメリットがあります。成行注文の良いところは、欲しい銘柄をすぐに購入できるです。しかし、購入する株価(値段)を設定できないため、自分が考えている以上の金額になってしまう場合があることです。
指値注文の良いところは、株価の指定ができるのです。ですがその反面、予想以上に株価が上昇してしまえば、欲しい銘柄を買い逃してしまう場合があるということです。
どちらの注文方法で購入するのか、よく考え、検討してみてください。売買注文が成立(約定)すると、購入にかかった金額(株数×株価+売買手数料)を支払って取引が終了となります。
 権利確定日
権利確定日に株主でいることが絶対条件です。 権利確定日とは、企業の決算日のことです。確定申告をする個人は、12月末日と決まっていますが、法人は自由に決めることができます。大手企業のほとんど は、3月に集中してます。権利確定日や権利落ち日などの日程については、下記ページを参考にして下さい。 権利確定日に株主でいるためには、権利確定日(決算日)を含まない4営業日前の最終売買日までに株を購入しなければなりません。4営業日前とは、利益確定日が30日だとすれ ば、4日前の26日となります。利益確定日も、最終売買日も土、日が重なる場合は繰り上げになるので、ぎりぎりで購入する場合には注意してください。平成 17年度4月末日が利益確定日であれば、重なる土、日、祝日ははずすので、28日に繰り上がり、最終売買日は24日になりますが、これも土、日が重なるので、 22日に繰り上がります。
ただし、株主優待が人気のある銘柄は、最終売買日付近では株価が上昇することがおおいので、その前に購入することをおすすめします。しかし、株価は常に変動していますので、突然悪材料が出て暴落することもあるということを忘れないでください。悪材料とは利益が赤字に転落したり、社員の汚職など、その企業に とってマイナスになることです。
 証券会社に保管
株主優待を受ける条件がもう1つあります。購入した株は証券会社に保管しておいてもらうのですが、ただ保管しておいてもらうだけでは株主優待を受け取るこ とができないのです。株の名義を自分にしなければいけません。名義の書き換えに手数料が取られるので、保管振替制度を利用しましょう。まず、「実質株主報 告に関する届出書」という書類を証券会社に提出しておかなければなりません。実質株主報告に関する届出書提出しておけば、株式会社証券保管振替機構が 株の名義人になり、自分自身は「実質株主」として登録されます。これは届け出るだけなので、無料でできます。中には、口座開設時に提出するところもあるの で必ず確認してください。この作業を怠ると、株を購入した会社の実質株主名簿に登録されずに、株を持っていても株主優待を受けることができなくなります。
株主優待を受けられるということは、配当も受け取れるということなのでそのことも考慮して銘柄を選びましょう。もちろん業績が良くなければ、配当は出ません。
最後に株の購入には必ずリスク(損)が伴うということを忘れないでください。株に投資したお金の元本は絶対に保証されません。例えばある企業の株を100 株購入したとしましょう。1株500円だとすると、購入資金は50,000円になります。
しかし次の日、何らかの悪材料が出て株価が450円になったとします。すると、あなたの株資産は45,000円に目減りしてしまうのです。株主優待で 2,000円相当の商品、金券を貰ったとしても損をしてしまいます。もちろん、逆に好材料が出て株価が上昇して儲かることもあります。ですので、株主優待を受けるために株を購入するのではなく、株式投資をするのだという意識を持ち、投資に失敗すれば、損をすることもあるのだということを 忘れないでください。もちろん、株を購入した企業を応援したい。売るつもりはないというのであれば関係ありませんが。だからこそ、株についての知識を身に つけ、株主優待主体に株を購入するにしても、儲かる株かどうか必ず検討することが間違いのない投資に繋がるのではないでしょうか。
 サイト内株主優待説明ページ
株主優待について↑TOP(上)へ
-当サイト利用によるトラブルや損害について一切の責任を負いかねます。ご利用の際は、必ず該当サイトで確認を-